不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

「不動産投資は普通の人は手を出すべきじゃない投資法だ!」というのは本当なのか?

2018/06/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

「不動産投資はそんなにむずかしくないし、そんなに敷居の高いものでもない」

 

____僕は基本的にはそう思っている。

しかしこれ、まったく人に理解されない。

 

どうやら世の中の人は不動産投資というのはとんでもなく難しいものであり、複雑で、敷居が高く、とてもじゃないけど一般人が手を出すべきじゃない特殊な投資法だと思い込んでいるようだ。

ついでに言うと、不動産投資は世の中にある投資法の中で最も危険な投資法だと言われ、忌み嫌われてもいる。

 

投資や資産運用をすでにやってる人と話をしても、「不動産投資をやってます」なんて言おうものなら大変だ!

その瞬間、フッとその人の顔色が変わる。

 

目は口ほどに物を言う。

その目は明らかに「こいつ、そんな危ない投資やってんだぁ・・・」と語っている。

 

不動産投資は最近ブームになってると言われている。

だが、それはごく一部のあいだの人たちによる熱狂に過ぎない。

株式投資や投資信託、仮想通貨といったいわゆる「紙の資産」への方が圧倒的に人気がある。

 

僕は実際に自分でやっていてつくづく思うのだけれど、不動産投資ほど誤解されてる投資法はないと思っている。

 

アパートの大家さんになるのには実は特別な資格はいらない。

銀行から融資して貰う際には学歴も問われない。

 

そんなに身構える必要なんか全然ないのに、なぜか不動産投資は他の投資法よりも(必要以上に)身構えられてしまっている・・・

 

 

スポンサーリンク

最初に断っておくが、僕はお金持ちの家に生まれたわけでもないし、地主の家に生まれたわけでもない。

北海道の三流大学を卒業し、そのまま北海道の中小企業に就職した普通の人間である。

 

会社に入ってからも優秀な営業マンだったわけでもない。

何か特別な才能に恵まれていたわけでもないし、特別な資格を持っていたわけでもない。

 

そんな「何でもない」僕が人生の途中で『』というものと出合った。

そして、そのことがきっかけになり、「何でもなくない人生」を歩むことになったのである。

 

気がつけば僕はアパート数棟を保有するオーナーになっており、そのアパートからの家賃収入だけで家族を養える状態にまでなっていた。

2011年からは法人成りし、おかげさまで会社の方はずっと黒字が続いている____。

 

僕が「不動産投資はそんなにむずかしくない」「不動産投資は誰でもできる」と言うのには、自分で実際に経験したきちんとした証拠があるのだ。

『僕が大したことのない人間である』というのが何よりの証拠だ!

 

だから不動産投資は何もむずかしくないし、敷居が高いものでも何でもないのだ。

やろうと思えば誰だって(もちろんこの文章を読んでいるみなさんだって!)、不動産投資はできるし、アパートのオーナーになれるのだ。

 

ところが世間の多くの人はそのようには決して考えない。

「とてもじゃないけど不動産投資なんかできっこない!」と考えている。

 

最近も『かぼちゃのナントカ』という会社の話が世間を賑わせた。

不動産投資をやって失敗した人の話もよく耳にする。

そういう情報に触れると、人はますます不動産投資に懐疑的になる。

 

「絶対にやってはいけないものだ」という想いが強くなる。

そうなると、もう人間は一歩も動けなくなる・・・

 

不動産投資の影の部分ばかりが目につき、不動産投資の光の部分はどこかへ行ってしまう。

 

みなさんの中にいるもう一人の自分がブレーキをかけているのだ。

その「もう一人の自分」がみなさんの運命を握っている。

 

不動産投資自体がむずかしいのではないのだ。

みなさんが不動産投資をむずかしくしているのである。

 

必要以上に恐れすぎているのではないのだろうか?

実際の大きさより相手を大きく捉えすぎているのではないだろうか?

 

不動産にもピンからキリまである。

東京の一等地に建つ高級マンションも不動産だし、ど田舎の畑の中に建つ築40年の家も不動産だ。

 

「不動産投資なんかオレには絶対無理!」と思い込んでいる人は、もう少し広い視野で世の中を見渡してみよう!

 

みなさんがどんな本を読み、どんな雑誌を読み、どんなブログの記事を読んだのかは僕にはわからない。

そしてそこには不動産投資についてどんなことが書かれており、みなさんがそこからどんな影響を受けたのかもわからない。

 

最初からハイ・グレードな物件を狙わなくてもいいのだ。

最初は小さくはじめてもいい。

田舎の戸建を激安で買い取り、それをリフォームして賃貸に出してもいい。

 

人口流出に悩む地方の古民家だったら、下手をしたら100万円台で手に入れることができるかもしれない。

そしてそれを知り合いの大工さんに協力を仰ぎ、なるべく安くリフォームするのだ。

 

地方では戸建の需要は高い。

多少田舎でも、多少古くても、十分入居者を確保することはできるだろう。

 

もちろん都会の方が人口は多い。

だからお客さん自体の数は、地方より都会の方が圧倒的に多いだろう。

 

物件だって新しいものの方が喜ばれる。

オートロック、エレベーター、エアコン、カード・キー、TVモニター・ドアホン、etc・・・最新の設備がバッチリ揃ってる物件の方がいいだろう。

 

また、そういうハイ・グレードな物件の方が「入居者の質」もいい。

そういう物件を好む層というのは属性も良く、家賃の滞納なんかも滅多に起こらない。

 

しかし、そういう物件にはそういう物件ならではの『落とし穴』もある・・・

そういう都会のハイ・グレードな物件というのはめちゃくちゃ高いのだ!

 

昨今、不動産価格が異常に高騰していることはみなさんもよくご存知のことだろう。

そういう物件は明らかに割高なのだ。

 

こんな高い時期にそういう物件をもし取得してしまったら、それはおそらく明らかに「高値づかみ」ということになるだろう。

 

これは何に投資する場合でも同じことが言えるのだが、投資は高値づかみだけはしちゃいけないのだ。

株であれ、仮想通貨であれ、不動産であれ、投資対象は何だって構わない。

とにかく割高なものを買ってしまったら、投資は失敗する・・・

 

だったら無理にハイ・グレードな物件を手に入れようとしなくてもいいのではないだろうか?

高級フレンチやイタリアンばかりがレストランではないのだ。

こじんまりとした定食屋を好む客層というのも確実に存在しているのである。

 

おそらく本や雑誌には「これからは都会じゃなきゃ絶対にダメ!」と書かれていたのだろう。

だからそれを鵜呑みにし、そこに書かれている内容通りの不動産投資を実践しようとしてしまったのだろう。

 

僕はコレが不思議でならない・・・

 

不動産投資に限らず、投資でいちばんやってはいけないことは『高値づかみ』であることぐらい、投資に興味のある人ならおそらく知っていたはずなのだ。

知っているのに、それと逆のことをやってしまう人が後を絶たないのである。

 

それはなぜなのだろうか?

 

なぜ、『都会の新しめのワンルーム・マンション』に目が眩んでしまう人がこんなにも大勢いるのであろうか?

なぜ、こんなに不動産価格が高騰している時期にわざわざ物件を取得しようと思ったのであろうか?

 

三流大学しか出ていない僕よりもはるかにみなさんの方がアタマがいいはずなのだ。

それなのに、どうして「投資利回りが4〜6%程度の物件でもいい!」と思ってしまったのであろうか?

なぜ「投資利回りが低くても、イールドギャップでカバーできる!」と考えてしまったのであろうか?

 

_____不動産投資に関する本や雑誌にそう書かれているからである。

『都会で、新しめのワンルーム・マンションに投資しろ!』と書かれているからである。

 

でも残念ながらそういう『都会で、新しめのワンルーム・マンション』というのは恐ろしく高いのである。

僕に言わせれば、今の不動産価格は『異常』の域に達している。

物件価格が高いというのは投資利回りが低いということなのである。

 

ここで考えてみてほしいことがある。

その『都会』『新しめ』『ワンルーム・マンション』の条件にさえこだわらなければ、十分なリターンが期待できる物件はゴロゴロあるのである。

 

そういう物件は不動産投資関連の本や雑誌などでは「ダメ物件」として紹介されてるものだ。

「そのエリアは絶対に避けるべきだ」と紹介されてるものだ。

「そういう物件には絶対に手を出すべきではない」と紹介されているものだ。

 

でも、みんなと同じことをしていては勝てないのだ。

投資の世界ではみんなと違うことをするから勝てるのだ。

 

____そのこともきっとみなさんなら知ってるはずなのだ。

知っているのに、なぜそれを実践しない(実践できない)のであろうか?

 

もしも株価が上がってる銘柄がいちばん儲かる銘柄であるなら、Amazonの株を買えばいい。

だけど、なぜAmazonの株を買わないのか?

Amazonの株価が今、とても高いからだ。

 

株式投資で儲けを出すためには、高い株価のものに手を出してはいけないのである。

だからみんなAmazonの株を買わないのである。

Amazonがいい会社であることは知っているにも関わらず、Amazonの株に手を出すことができないのである。

 

不動産もコレと一緒だ!

 

それがどんなに「ハイ・グレードな良い物件」だからといって、こちらに儲けをもたらしてくれるものとは限らない

 

____ということだ。

 

利回りの低い物件の運営というのはなかなかしんどいものだ。

僕も昔、利回りの低い物件をつかんでしまい、エライ目に遭ったことがあるからわかる・・・

 

借入金利の上昇、修繕費、広告料、空室リスク、滞納リスク、etc・・・利回りの低い物件では不動産投資をやっていると必ず襲われるそれやこれやに耐えることができなくなる。

 

部屋探しをする人全員がハイ・グレードな物件を求めているわけではない。

中には、物件のグレードの高さよりも家賃の安さを求めてる人もいる。

 

いくら人口減少が問題になってるからといって、地方で部屋探しをしている人がまったくゼロではない。

「地方でもいい」「帰って寝るだけの部屋だから、そんなにグレードが高くなくてもいい」「なるべく家賃が安いところに住みたい」と考える人もいる。

 

そういう層を狙うアパート経営というのも確実に存在するのである。

そして、そういう『地方・古い・アパートタイプ』だったら、比較的安く物件を手に入れることができる。

 

そういう物件なら、みなさんでも手が届くと思う。

そういう物件なら、「オレには不動産投資なんかできっこない!」と言って可能性の扉を閉じてしまわなくても済むのだ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.