不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
元不動産会社のサラリーマン。
現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中
2010年12月より法人化(8期目)
ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画や本のレビュー記事などを発信中。
最近、株式投資もスタート。
奥さんと中1小4男子と猫と自由にのんびり暮らしてまーす。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

子供たちには金持ちになり、幸せになる借金があることを教えてあげよう!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

『子供たちにもお金の教育を!』と言ってる人の多くが節約術やお金を貯める方法のことをイメージしているのを知って愕然としている。

『投資や資産運用についても教えるべきだ!』と主張している人の多くも、その中身は長期投資と分散投資のことだ。

 

もちろん、それらはとても重要なことだ。

でも、それらを知識を身につけたからといってお金の問題が解決されるわけではない。

 

ましてや、これからやってくる経済的大嵐に備えられるわけでもない。

 

子供たちにはもっと大切なことを教えてあげなければならない。

大嵐がやってきても、それに耐えられるような本当の意味でのファイナンシャル教育を教えてあげなければならない。

 

はっきり言って、節約では乗り切れない。

貯金でも乗り切れない。

長期投資をしても、分散投資をしても、根本的なお金の問題の解決には結びつかない。

 

節約、貯金、長期投資、分散投資・・・といった方法は多くの大人たちが実践していることである。

 

ところがその大人たちを見てみてほしい。

ほとんどの人がお金の不安を抱えている。

 

自分の老後のことを心配している。

年金や健康保険制度が破綻したらどうしよう・・・という問題を解決できないままでいる。

 

そういう大人たちが子どもたちに教える『お金の教育』とはいったい・・・・?

スポンサーリンク

ほとんどの大人たちは「狭い世界」しか知らない

彼らがなぜ節約、貯金、長期投資、分散投資が『お金の教育』だと思うのかというと、彼ら自身がその世界しか知らないからだ。

本当は世界はもっと広いのに、自分たちが属している世界のことしか彼らは把握できていない。

 

だから当然のことながら子どもたちにも自分たちが属している世界以外のことは教えてあげられない。

 

いい大学に行って、いい会社に就職して、定年まで真面目に勤める

節約して、貯金して、長期投資をして、分散投資をする

 

彼らが属している世界ではそれをやっていれば何とかなった。

今のところは・・・

 

しかし、これらのことをやってるだけでは真の意味でお金の問題の解決にはならない。

いや、それどころか、もっと深刻なお金の問題を引き起こす可能性すらある。

 

大人たちは小さな箱から外へ飛び出し、広い視野で世界を見渡さなければならない。

そして子どもたちに「世界は広いんだ」ということを教えてあげなければならい。

 

小さな箱の外の世界は魑魅魍魎がうごめく世界かもしれない。

小さな箱の中にとどまってさえいれば遭遇することもなかったヒトやコトにも遭遇するハメになるかもしれない。

 

だが、本当の意味でお金の問題を解決したいのならば、そういった魑魅魍魎たちがウヨウヨいるような世界でノシてゆく術を身につけなければならないのだ。

スポンサーリンク

 

子供たちにはぜひ借金について教えてあげよう

子どもたちには勤労所得だけが所得を得る方法ではないということも教えてあげなければならない。

自分で商売をやったり、会社をつくったりする方法もあるということも教えてあげなければならない。

人から雇われる側ではなく、人を雇い入れる側にまわる方法もあるということを教えてあげなければならない。

 

それから(これがもっとも重要なことなのだが)、『借金』というものを自分に有利に使う方法を教えてあげなければならない。

今、行われようとしている『お金の教育』では「借金はしてはいけない!」と教えることだろう。

 

それではいけない。

そうやって借金を悪者にするから可能性が狭くなってしまうのだ。

 

借金にもいろいろある。

十把一からげに「借金=悪」とするのはあまりにも乱暴すぎる。

スポンサーリンク

 

事業をするための借金はプラスの借金

借金にはマイナスの側面と、プラスの側面がある。

 

例えば、消費をするための借金というのはマイナスだろう。

しかし、事業をするための借金というのはプラスだ!

 

それは貧乏にする借金ではなく、金持ちにする借金だ。

不幸になる借金ではなく、幸せになる借金だ。

 

大人たちはそのことを子どもたちに教えてあげなければならない。

それが本当の意味でのお金の教育である。

 

ところが大人たちの多くは「借金は悪いことだ。だから借金はなるべくしない方がいい」と考えている。

自分たち自身がそのように考えているから、子どもたちにはそのように教える。

 

いいか、借金だけはするなよ!

_____と。

 

なぜ彼らは借金というものをそんなに忌み嫌うのか?

それは彼らが属している小さな箱の中では、貧乏になり、不幸になり、ツライ想いをするような借金しか存在していないからだ。

 

彼らは金持ちになり、幸せになるような借金の存在を知らないのだ。

 

松下幸之助さんやスティーブ・ジョブズが事業を拡大してゆくなかで銀行から多額の借金をしたことをどうやら彼らは知らないようだ・・・

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.