不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

[オススメ映画] 『羊の木』(2017)について

2018/08/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

映画『羊の木』を観た僕の感想(レビュー)

あの『桐島、部活やめるってよ』や『紙の月』などでおなじみの吉田大八監督作品。

今や日本で最も重要な映画監督の一人と言ってもいい吉田監督だけに、期待度100%で観た!

 

見終わった感想は、「さすが吉田大八監督!」といった感じの実に深い深い映画だった。

 

いつものことながら登場人物たちはどれも一筋縄ではいかない癖のある人物ばかり。

そしてその癖のあるキャラを描く視点も決して一方向からは描いていない。

 

単なる(そして、よくある)『元受刑者たちの立ち直り物語』に終わらせないところはサスガと言わざるを得なかった。

 

どの役者の演技も素晴らしいのだが、僕は個人的には錦戸亮の普通の若手地方公務員ぶりが特に素晴らしいと思った。

こういう地方公務員は本当にいそうだ。

観客にそのように思わせるというのは並大抵のことではないはずだ。

 

「普通」を演じることはきっととても難しかったはずだ。

 

日本映画には『誰が犯人か?』といったようなサスペンス映画がたくさんある。

『羊の木』もそういった要素はもちろん含まれているのだが、そこは吉田大八監督。

よくあるお決まりのパターンの映画をつくるはずがない!

 

また、元犯罪者や元受刑者を描いた映画も日本映画には結構ある。

だが、そのパターンも踏襲してはいない。

 

さらにこういった社会派サスペンスものによくありがちなドラマ性や、登場人物たちの心の叫び系も極力排除している。

 

その演出がかえって(松田龍平を筆頭に)「本当のところは何を考えてるかわからない」という緊迫感を観客に与える。

そして物語は意外に淡々と進んでゆく。

 

こういったタイプのは映画でよくありがちな雄叫びのシーンなんかもまったくない。

泣き叫んだり、感情を外に出して大声を張り上げたりすればいい映画ってわけじゃない!

 

この映画の最大のポイントは、何と言ってもどこかユーモラスで、それでいて不気味な『のろろ』という地元のお祭りだろう。

白装束でたいまつをかざして街を練り歩く姿は、明らかにアメリカのあの集団のメタファーだ!

 

あの集団に属している人たちも本人たちはいたって真剣なのだ。

真剣に正義を振りかざしている。

 

ところがその真剣さや真面目さがとんでもない悲劇を生み出し、狂気の領域へと突入してゆく・・・

 

『のろろ』というお祭り、そしてそこで祀られる神様はその人間の光の闇の部分を象徴しているのかもしれない。

善と悪は表裏一体というわけだ!

 

僕は個人的にこのお祭りの練り歩きの最中に、北村一輝が取る行動にとてもシンパシーを感じた。

彼は「こんなもんやってられっか!」といった具合に列からはみ出し、みんなと違う方向に向かって歩き始めてしまう。

 

そういう感覚って僕はとても大事だと思っている。

 

太平洋戦争に突っ込んで行ったとき、あるいはバブル経済に浮かれていたとき、etc・・・

ある一方向に向かってみんなで突き進もうとするとき、日本人はまわりが見えなくなってしまうことがある。

 

その結果とんでもない悲劇を引き起こし、集団で狂気の領域に足を踏み入れてしまうのだ。

それはまさにアメリカの KKK や、オウム真理教などで繰り返されてきた集団心理の恐怖だ。

 

そういった全体主義に反旗を翻し、みんなとは違う方向に歩き始めようとするセンスはとても大事なことである。

そして今の時代、そういうセンスが求められているような気がする。

 

日本は人口減少社会に突入している。

この映画の舞台の街も過疎に苦しんでいるという設定になっている。

 

人口減少を食い止めるためには、移民という難題が絡んでくることになる。

 

さて、「これまでとは違うもの」「異質なもの」が僕たちの日常に放り込まれたとき、僕たちはどうするだろうか?

それを受け入れるだろうか。

それともトランプのように、それを排斥する方向へ舵を切るだろうか。

 

もしかしたらこの映画全体が現代社会のメタファーなのかもしれない。

 

“昔からそうしてるから”

“みんながそうしてるから”

“守らないといけない・・・”

 

僕はこの映画の中で最も印象に残ったセリフだ。

こういった感覚は日本人特有のものだ。

 

日本人は特に全体主義に傾倒していく傾向がある。

それは日本人の美徳かもしれないが、ある意味においてはとても恐ろしいことでもある。

 

例えば『勤勉さ』というのは、日本人全員の共通のアイデンティティになっている。

でもその勤勉さや真面目さをあまりにも重視しすぎるがために、『正解以外は全部バツ』といったような極端なイズムに傾倒してはいないだろうか?

 

僕はこの映画の重要なテーマの一つがこれだと思っている。

 

日本人には明らかに自分たちのルールから外れた異質なものをシャットアウトしようとする強い側面がある。

 

「みんなが正しいと言っているものが本当に正しいのか??」

という問いかけ。

 

これは吉田大八作品に共通するテーマだ!

 

そういえばこの映画の中で錦戸亮と木村文乃が結成したバンドがMy bloody valentineみたいなめちゃくちゃセンスのいい音楽やってて驚いた!

だいたい日本映画に出てくるバンドの音楽はダサいものが多いんだけど、この映画は違っていた。

ちゃんとカッコよかった!

 

マイブラっていま考えてみたら、めちゃくちゃカッコよかったよな〜

 

 

スポンサーリンク

映画『羊の木』DVD

 

映画『羊の木』Blu-ray

 

映画『羊の木』関連本

 

 

 

 

映画「羊の木」オリジナル・サウンドトラック

 

映画好きにオススメのAmazonプライムビデオ!

話題の『バチェラー・ジャパン』や松本人志の『ドキュメンタル』はAmazonプライムビデオじゃないと、観れない!

 

Amazonプライムビデオ』はAmazonプライムの会員なると利用することができる動画配信サービスだ。

Amazonプライム会員の年会費は3,900円。

月額たったの325円でこれだけのサービスを楽しむことができるのだから、これはかなりリーズナブルな値段と言えるだろう!

 

月額325円さえ払えば、Amazonプライムビデオの中にある映画やドラマを無料で楽しむことができる。

映画好きなら普段ゲオやTSUTAYAなどでかなりの枚数のレンタルをしていることだろう。

その金額は結構な額になっているはずだ・・・

 

Amazonプライムビデオは普段使っているパソコンやスマホから映画やドラマを観ることができる。

だからベッドに寝転がりながらパソコンで映画やドラマを楽しめるのだ!

 

レンタルDVDのはじまる前の他の映画の予告編もない。

またAmazonプライム会員ならば「続きを観る」をクリックすれば、前回途中で再生を止めたとしてもその止めた場面からすぐに再生されるからさらに便利だ!

 

 

▼ Amazonプライムビデオの詳細は、下記公式ホームページからどうぞ

 

自宅のテレビでもAmazonプライムビデオを楽しむことができる

もしもパソコンからだけでなく、自宅にあるテレビの大画面でAmazonプライムビデオを楽しみたい場合はFire TV Stickというアイテムを使えばOKだ!

 

このFire TV Stickのすごいところは持ち運びが可能なところ。

ホテル、友人宅、出張などいろいろなところスティックを持っていき、そこにあるテレビに繋げば簡単にAmazonプライムビデオのコンテンツを楽しむことができるのだ!

 

しかもこのFire TV Stickは他の動画配信サービスにも対応している。

だからもしもみなさんがHuluやNetflixのユーザーだったとしても、このFire TV Stickがあればテレビでコンテンツで楽しむことができるのだ。

by カエレバ

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.