お金, 会計

サラリーマンや公務員といった給与所得者は「控除があまりない」と言われてきた。

もちろん、医療費控除や住宅ローン控除といったものはあるのだが、経営者や自営業者のようにそれ以外の支出を経費にすることはむずかしかった。

未分類

著者  喜多村 洋子/長岐 隆弘
出版社  ぱる出版
出版日  2013/4/20
『賢くお金を残す! 大家さんのための節税対策』とはどういう本なのか?

★本書は専門税理士と不動産鑑定士の最強タッグによる決定版! ...

人生哲学

著者  アーニー・J・ゼリンスキー
出版社  英治出版
出版日  2003/11/22

 

『ナマケモノでも「幸せなお金持ち」になれる本』とはどういう本なのか?

 

本書から ...

メンタル術, 幸福, 考え方

新陳代謝というのはいろんな意味でものすごく重要なことだと思う。

健康だけではなく、モノにおいても、人間関係においても、情報においても、お金においても、etc・・・

 

ため込んでばかりいる ...

メンタル術, 幸福, 考え方

みなさんは『引き寄せの法則』というものを信じているだろうか。

 

僕はもちろん信じている。

なぜなら僕の今の状況というのは、間違いなくその引き寄せの法則ってやつが働いたおかげであると感じて ...

メンタル術, 人生哲学, 考え方

僕は38歳のときにそれまで勤めていた会社を辞めて、アパートの大家さんとして生計を立てるようになった。

要するに脱サラ・起業したのだ。

 

今にして思えば、よくそんな大それた決断ができたもの ...

人生哲学, 考え方

人間はひとつのことを長く続けているうちに執着心を抱くようになり、ほかの選択がだんだんできなくなってゆくと言われている。

これを『コミットメントの法則』というらしい。

 

自分のや

人生哲学, 仕事, 商売

社会に出て働いている人の中で「なんとなくみんなと同じことをやってる生き方に疑問と不安がある」という人はいませんか?

本記事ではそんな人のためにみんなと同じ生き方をしないほうがいい理由について解説しています。

& ...

お金, 人生哲学, 考え方

僕は『清貧の思想』は好きではないんだけど、『ワンランク生活レベルを落としてみる』ってすごく大事なことなんじゃないかと最近思いはじめている。

生活レベルを上げるのではなく、「落とす」のだ。

 

経済

著者  フリーク・ヴァーミューレン
出版社  東洋経済新報社
分類  実用書
出版日  2013/3/1

 

『ヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実』とはどうい ...

メンタル術

著者  岡田尊司
出版社  文藝春秋
分類  実用書
出版日  2012/12

 

『マインド・コントロール』とはどういう本なのか?

精神科医として絶大な信頼と人気を誇る岡田 ...

お金

著者  ロバート・キヨサキ
出版社  筑摩書房
分類  実用書
出版日  2017/10/24

 

『金持ち父さんのこうして金持ちはもっと金持ちになる』とはどういう本なのか? ...

仕事, 社会, 考え方

ぼくは基本的には人の集まるところに行ったりするのはあまり好きではないんだよね。だけど、ぼくみたいな自由気ままに生きてる人間にも一応、「つきあい」みたいなものはある。だから年に数回程度、会合のようなものにも顔を出さなければならない。

家族

 

 

著者  岡田尊司
出版社  ポプラ社
分類  実用書
出版日  2015/1/5

『父という病』とはどういう本なのか?

以前は家庭の ...

お金

 

著者  菅井敏之
出版社  アスコム
分類  実用書
出版日  2014/3/15

 

 

『お金が貯まるのは、どっち!?』とはどうい ...

お金, 人生哲学, 仕事

学校を卒業して会社のために一生働き続ける生き方にふと疑問を感じたことはありませんか?

本記事ではそんな人のために仕事に身も心も捧げる以外の生き方について解説しています。

 

ハルキ ...

仕事, 商売, 幸福

企業戦士となって会社のためにがむしゃらに働く生き方に疑問を感じていませんか?

本記事ではそんな人のためにかつて企業戦士だった僕が仕事を優先させる生き方以外の幸福について解説しています。

 

人生哲学, 幸福, 考え方

現代人はみんなたくさんの悩みを抱えている。

 

ある人はお金のことで悩み、ある人は恋愛のことで悩んでいる。

ある人は人間関係のことで悩み、ある人は仕事のことで悩んでいる。

&n ...

人生哲学, 商売, 幸福

日本は戦争に負け、焼け野原になった。

だから裸一貫で頑張るしかなかった。

 

とにかく何もないのだ。

そこには安定もなければ、安全もない。

 

メンタル術, 人生哲学, 幸福

僕は根が貧乏性なのでお金がないとすぐに不安になってしまう。

だから最近流行りの『お金がなくても心が豊かであればそれでいい』的な崇高な価値観にはどうも馴染めない。

 

お金はあるに越したこと ...

メンタル術, 人生哲学, 考え方

僕たちは情報化社会に生きている。

 

それは情報というものが最大の価値を持つ社会に生きているということだ。

それだけに自分が毎日触れている情報には細心の注意を払っておく必要がある。 ...

幸福, 社会, 考え方

インターネットが普及し ほとんどの人がスマホやパソコンを持つ時代になった。

そしてインターネットからたくさんの情報を得て、それを人生の指針にする人が増えた。

 

おそらくもうこの流れは止め ...

メンタル術, 人生哲学, 考え方

教育とは「教えて、育つ」という書く。

そうなのだ、子どもたちは教えられて、育っていかなければならないのだ。

 

「教える」のほうはなんとなく分かるだろう。

問題は次の「育つ」の ...

メンタル術, 幸福, 教育

僕は不動産投資というものをやってメシを食っている。

2010年に以前勤めていた会社を辞めて、専業大家さんになったのだ。

 

おかげさまで事業のほうは順調。

法人成りもし、ここ数 ...

お金, 商売

知識がたくさんあるということと、賢さとはまったく違うことだ!

 

これはお金に関する問題でも同じ。

お金に関する知識をどんなにたくさん持っていたとしても、その人がお金持ちになれるとは限らな ...