お金, 不動産投資, 会計, 商売, 投資・資産運用, 生活お役立ち, 社会, 経済

日本人は脱サラ起業することを極端に嫌う傾向がある。

そして借金に関してはさらに嫌う嫌う。

 

そこにあるのは「夫(あるいは妻)が抱えた借金は結婚してる配偶者も払わなければならない」という間 ...

仕事, 生活お役立ち, 社会

僕はスーツが大好きだ。

自由に生きる道を選択したので、スーツが嫌いなのではないかと思われがちだが、そんなことはない。

 

ホリエモンのようなアンチ・スーツの考えは僕にはない。

...

オススメ本

著者  しぎはら ひろ子
出版社  プレジデント社
出版日 2017/9/28
『賢いスーツの買い方』とはどのような本なのか?

スーツというのは単なる仕事着ではないと僕は思っている。

それは「その人がどんな ...

オススメ映画

 

 

映画『ウィンターズ・ボーン』とはどのような映画なのか?

失踪した父親の行方を探す少女の成長を麻薬や貧困といった過酷な現実を交えて描く。

作家ダニエ

お金, 会計

サラリーマンや公務員といった給与所得者は「控除があまりない」と言われてきた。

もちろん、医療費控除や住宅ローン控除といったものはあるのだが、経営者や自営業者のようにそれ以外の支出を経費にすることはむずかしかった。

オススメ本

著者  喜多村 洋子/長岐 隆弘
出版社  ぱる出版
出版日  2013/4/20
『賢くお金を残す! 大家さんのための節税対策』とはどういう本なのか?

★本書は専門税理士と不動産鑑定士の最強タッグによる決定版! ...

オススメ本, 人生哲学

著者  アーニー・J・ゼリンスキー
出版社  英治出版
出版日  2003/11/22

 

『ナマケモノでも「幸せなお金持ち」になれる本』とはどういう本なのか?

 

本書から ...

お金, 投資・資産運用, 教育

自分が子供の頃に受けてきた親や学校の先生からの教育に疑問を抱いてはいませんか?

本記事ではそんな人のために親や学校の先生から受けた教育を100%真に受けない方がいいということを解説しています。

 

人生哲学, 幸福, 考え方

今、僕はいろんな経緯があって、信じられないくらいのんびりとした毎日を送っている。

38歳のときに脱サラ・起業して以来、ずっとのんびりした毎日を送っているのだ。

 

まさかこんな風に心穏やか ...

メンタル術, 幸福, 考え方

みなさんは『引き寄せの法則』というものを信じているだろうか。

 

僕はもちろん信じている。

なぜなら僕の今の状況というのは、間違いなくその引き寄せの法則ってやつが働いたおかげであると感じて ...

人生哲学, 幸福, 考え方

「自由な時間がほしい!」と思っていませんか?

本記事ではそんな人のために不動産投資から不労所得で自由を手に入れた僕が自由な時間を得ることの素晴らしさについて解説しています。

 

ハルキ

メンタル術, 人生哲学, 考え方

僕は38歳のときにそれまで勤めていた会社を辞めて、アパートの大家さんとして生計を立てるようになった。

要するに脱サラ・起業したのだ。

 

今にして思えば、よくそんな大それた決断ができたもの ...

人生哲学, 投資・資産運用, 考え方

人間はひとつのことを長く続けているうちに執着心を抱くようになり、ほかの選択がだんだんできなくなってゆくと言われている。

これを『コミットメントの法則』というらしい。

 

自分のや

人生哲学, 幸福, 考え方

自分には何の才能もなく、これといった能力もないからダメだと思っていませんか?

本記事ではそんな人のためにあれこれ選択肢がないことのメリットについて解説しています。

 

ハルキ

自分に ...

お金, 人生哲学, 考え方

僕は『清貧の思想』は好きではないんだけど、『ワンランク生活レベルを落としてみる』ってすごく大事なことなんじゃないかと最近思いはじめている。

生活レベルを上げるのではなく、「落とす」のだ。

 

オススメ本, 経済

著者  フリーク・ヴァーミューレン
出版社  東洋経済新報社
分類  実用書
出版日  2013/3/1

 

『ヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実』とはどうい ...

オススメ本, 投資・資産運用

著者  桑原晃弥
出版社  経済界新書
分類  実用書
出版日  2011/6/1

 

『ウォーレン・バフェット 賢者の教え』とはどういう本なのか?

この本は『世界一の投資家 ...

オススメ本, メンタル術

著者  岡田尊司
出版社  文藝春秋
分類  実用書
出版日  2012/12

 

『マインド・コントロール』とはどういう本なのか?

精神科医として絶大な信頼と人気を誇る岡田 ...

メンタル術, 人生哲学, 考え方

『幸せな人生を送れるかどうかは考え方しだい』というのが僕の基本的な信条だ。

 

僕たちは幸せになるために生まれてきたのだ。

それなのに、いつまで経っても幸せになれないというのはどこかがおか ...

仕事, 社会, 考え方

ぼくは基本的には人の集まるところに行ったりするのはあまり好きではないんだよね。だけど、ぼくみたいな自由気ままに生きてる人間にも一応、「つきあい」みたいなものはある。だから年に数回程度、会合のようなものにも顔を出さなければならない。

オススメ本, 投資・資産運用

著者  チャールズ・エリス
出版社  日本経済新聞出版社
分類  実用書
出版日  2015/1/23

 

『敗者のゲーム』とはどういう本なのか?

投資でいい成績 ...

オススメ本, 家族

 

 

著者  岡田尊司
出版社  ポプラ社
分類  実用書
出版日  2015/1/5

『父という病』とはどういう本なのか?

以前は家庭の ...

仕事, 商売, 幸福

企業戦士となって会社のためにがむしゃらに働く生き方に疑問を感じていませんか?

本記事ではそんな人のためにかつて企業戦士だった僕が仕事を優先させる生き方以外の幸福について解説しています。

 

人生哲学, 幸福, 考え方

現代人はみんなたくさんの悩みを抱えている。

 

ある人はお金のことで悩み、ある人は恋愛のことで悩んでいる。

ある人は人間関係のことで悩み、ある人は仕事のことで悩んでいる。

&n ...

幸福, 社会, 考え方

精神科医の河合隼雄は『中空構造日本の深層』という本の中で、空気に流されやすい日本人のメンタリティーについて警鐘を鳴らしている。

山本七平という人も『「空気」の研究』という本の中で詳しくその辺りのことについて解説している。