オススメ映画

映画『ときめきに死す』とはどのような映画なのか?

謎の組織に雇われた男が北海道の別荘で不思議な青年との共同生活をスタートさせる。

丸山健二の小説の映画化。

監督は『家族ゲーム』『メイン・

オススメ映画

映画『3-4×10月』とはどのような映画なのか?

ガソリンスタンドに勤める冴えない青年が暴力団とのトラブルに巻き込まれてゆく。

『その男、凶暴につき』で監督デビューし、国内外問わず大絶賛された北野武 ...

オススメ映画

映画『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』とはどのような映画なのか?

アメリカから旅行にきた青年と、フランスの女性がパリ行きの列車の中で出会い、ウィーンの街をあてもなく歩きまわるうちに恋に落ちる・・・

ジュ ...

オススメ映画

 

映画『ヒメアノ〜ル』とはどのような映画なのか?

ビルの清掃員の青年が同級生と再会し、事件に巻き込まれてゆく。

『行け!稲中卓球部』などで知られる古谷実原作の漫画の映画化。

オススメ映画

映画『逃亡者』とはどのような映画なのか?

妻殺しの容疑をかけられ、死刑判決を受けた医師が護送中に脱走し、自ら真犯人を探し出す。

1960年代に人気を博したテレビドラマ・シリーズのリメイク。

主人公 ...

お金, 不動産投資, 会計, 商売, 投資・資産運用, 生活お役立ち, 社会, 経済

日本人は脱サラ起業することを極端に嫌う傾向がある。

そして借金に関してはさらに嫌う嫌う。

 

そこにあるのは「夫(あるいは妻)が抱えた借金は結婚してる配偶者も払わなければならない」という間 ...

オススメ映画

 

 

映画『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』とはどのような映画なのか?

世界を支配できるパワーを持つ『指輪』をめぐる冒険ファンタジーを壮大なスケールで描く。

...

オススメ映画

 

 

映画『ウィンターズ・ボーン』とはどのような映画なのか?

失踪した父親の行方を探す少女の成長を麻薬や貧困といった過酷な現実を交えて描く。

作家ダニエ

オススメ映画

映画『レボリューショナリー・ロード』とはどのような映画なのか?

50年代のアメリカの幸せそうな夫婦の裏の顔を描く。

作家リチャード・イェーツの小説『家族の終わりに』の映画化。

  ...

オススメ本

著者  喜多村 洋子/長岐 隆弘
出版社  ぱる出版
出版日  2013/4/20
『賢くお金を残す! 大家さんのための節税対策』とはどういう本なのか?

★本書は専門税理士と不動産鑑定士の最強タッグによる決定版! ...

オススメ本, 人生哲学

著者  アーニー・J・ゼリンスキー
出版社  英治出版
出版日  2003/11/22

 

『ナマケモノでも「幸せなお金持ち」になれる本』とはどういう本なのか?

 

本書から ...

お金, 不動産投資

そもそも、なぜ不動産投資をやるのだろう?

そこにはきっといろんな理由があることだろう。

 

ある人は相続税対策や所得税対策のためにやる人もいるかもしれない。

ある人は「駅前の一 ...

オススメ本, メンタル術

著者  美輪明宏
出版社  家の光協会
出版日  2013/12/10

 

この本はどういう本なのか?

 

どうってことありゃしない。

生きていればどうにかなるわ ...

メンタル術, 幸福, 考え方

新陳代謝というのはいろんな意味でものすごく重要なことだと思う。

健康だけではなく、モノにおいても、人間関係においても、情報においても、お金においても、etc・・・

 

ため込んでばかりいる ...

人生哲学, 幸福, 考え方

今、僕はいろんな経緯があって、信じられないくらいのんびりとした毎日を送っている。

38歳のときに脱サラ・起業して以来、ずっとのんびりした毎日を送っているのだ。

 

まさかこんな風に心穏やか ...

人生哲学, 幸福, 考え方

「自由な時間がほしい!」と思っていませんか?

本記事ではそんな人のために不動産投資から不労所得で自由を手に入れた僕が自由な時間を得ることの素晴らしさについて解説しています。

 

ハルキ

メンタル術, 人生哲学, 考え方

僕は38歳のときにそれまで勤めていた会社を辞めて、アパートの大家さんとして生計を立てるようになった。

要するに脱サラ・起業したのだ。

 

今にして思えば、よくそんな大それた決断ができたもの ...

人生哲学, 幸福, 考え方

自分には何の才能もなく、これといった能力もないからダメだと思っていませんか?

本記事ではそんな人のためにあれこれ選択肢がないことのメリットについて解説しています。

 

ハルキ

自分に ...

お金, 人生哲学, 考え方

僕は『清貧の思想』は好きではないんだけど、『ワンランク生活レベルを落としてみる』ってすごく大事なことなんじゃないかと最近思いはじめている。

生活レベルを上げるのではなく、「落とす」のだ。

 

オススメ本, 経済

著者  フリーク・ヴァーミューレン
出版社  東洋経済新報社
分類  実用書
出版日  2013/3/1

 

『ヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実』とはどうい ...

メンタル術, 人生哲学, 考え方

『孤独』というのは現代社会において、もっとも忌み嫌われることのひとつだ。

みんなひとりぼっちになるのが嫌だから、オンライン・オフライン問わず、せっせと人脈づくりにいそしんでいる。

 

「ひ ...

オススメ本, 腰痛

著者  肥後克広
監修 銅冶 英雄
出版社  太田出版
分類  実用書
出版日  2013/4/4

 

『あきらめない腰痛–僕の20年来の腰痛を治した驚きの方法』とはどういう本 ...

仕事, 商売, 幸福

企業戦士となって会社のためにがむしゃらに働く生き方に疑問を感じていませんか?

本記事ではそんな人のためにかつて企業戦士だった僕が仕事を優先させる生き方以外の幸福について解説しています。

 

人生哲学, 幸福, 考え方

現代人はみんなたくさんの悩みを抱えている。

 

ある人はお金のことで悩み、ある人は恋愛のことで悩んでいる。

ある人は人間関係のことで悩み、ある人は仕事のことで悩んでいる。

&n ...

幸福, 社会, 考え方

精神科医の河合隼雄は『中空構造日本の深層』という本の中で、空気に流されやすい日本人のメンタリティーについて警鐘を鳴らしている。

山本七平という人も『「空気」の研究』という本の中で詳しくその辺りのことについて解説している。