お金, 投資・資産運用, 経済

 

「上がったものはいつか落ちる」というごくごく当たり前の自然の法則すら理解できない個人投資家たち。
彼らが「このまま持ち続け、積立し続けていれば必ず勝てる」「S&P500は9%上昇し続ける」と言 ...

投資・資産運用, 社会, 経済

『マイナス金利』という言葉が一人歩きし、たくさんの人が誤解・勘違いをしはじめているように見える。

 

日銀が行なっているマイナス金利政策というのは、僕たち普通の一般人に向けの政策ではないのである。

オススメ本, 経済

著者  大江英樹
出版社  KADOKAWA/中経出版
出版日  2016/8/5
『マイナス金利でも、お金はちゃんと増やせます。』とはどういう本なのか?

 

「銀行に預けても意味がないというけれど、じ ...

オススメ本, 経済

著者  トマ・ピケティ
出版社  みすず書房
出版日  2014/12/6
この本はどういう本なのか?

 

r>g

≪資本収益率が産出と所得の成長率を上回るとき、
資本主 ...

オススメ本

著者  喜多村 洋子/長岐 隆弘
出版社  ぱる出版
出版日  2013/4/20
『賢くお金を残す! 大家さんのための節税対策』とはどういう本なのか?

★本書は専門税理士と不動産鑑定士の最強タッグによる決定版! ...

お金, 投資・資産運用, 経済

世間で言うところのいわゆる「いい会社」に就職し、どんなに出世して高収入を得ても、それでお金の問題が解決されるわけではない。

お金に精通するということと、高い年収をもらうということは別次元の話なのだ。

  ...

お金, 投資・資産運用, 教育

『子供たちにもお金の教育を!』と言ってる人の多くが節約術やお金を貯める方法のことをイメージしているのを知って愕然としている。

『投資や資産運用についても教えるべきだ!』と主張している人の多くも、その中身は長期投資と分散投資 ...

商売, 投資・資産運用, 経済

日本人の個人金融資産は1,800兆円を超えていると言われている。

その半分の1,000兆円は銀行預金だ。

 

日本人はとにかく貯金が大好きな国民だ。

日銀のマイナス金利政策の影 ...

投資・資産運用, 社会, 経済

黒田総裁をはじめとする日銀がやって量的緩和がどういったもので、それが自分たちの暮らしにどう影響するのか疑問に思っていませんか?

本記事ではそんなに人のために僕の考える金融緩和とそのデメリットについて解説しています。 ...

オススメ本, 経済

著者  大前研一
出版社  小学館
分類  実用書
出版日  2017/9/2
この本はどういう本なのか?

僕が「日本でいちばん鋭い」と思っている人、大前研一氏が現在の経済状況について語っている本。

...

不動産投資, 投資・資産運用, 経済

不動産が売られるには何らかの『売られる理由』ってやつが存在している。

 

不動産投資を成功させるためにはその売却理由を探ってゆくことがとても大事になってくる。

その内容によってその物件の良 ...

お金, 人生哲学, 考え方

僕は『清貧の思想』は好きではないんだけど、『ワンランク生活レベルを落としてみる』ってすごく大事なことなんじゃないかと最近思いはじめている。

生活レベルを上げるのではなく、「落とす」のだ。

 

オススメ本, 経済

著者  フリーク・ヴァーミューレン
出版社  東洋経済新報社
分類  実用書
出版日  2013/3/1

 

『ヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実』とはどうい ...

メンタル術, 人生哲学, 考え方

『孤独』というのは現代社会において、もっとも忌み嫌われることのひとつだ。

みんなひとりぼっちになるのが嫌だから、オンライン・オフライン問わず、せっせと人脈づくりにいそしんでいる。

 

「ひ ...

オススメ本, 投資・資産運用

著者  桑原晃弥
出版社  経済界新書
分類  実用書
出版日  2011/6/1

 

『ウォーレン・バフェット 賢者の教え』とはどういう本なのか?

この本は『世界一の投資家 ...

オススメ本, メンタル術

著者  岡田尊司
出版社  文藝春秋
分類  実用書
出版日  2012/12

 

『マインド・コントロール』とはどういう本なのか?

精神科医として絶大な信頼と人気を誇る岡田 ...

お金, オススメ本

著者  ロバート・キヨサキ
出版社  筑摩書房
分類  実用書
出版日  2017/10/24

 

『金持ち父さんのこうして金持ちはもっと金持ちになる』とはどういう本なのか? ...

投資・資産運用, 株式投資, 経済

 

『投資信託』と名のつくものの危険性について、いい加減気づいたらどうなんだろうか。。。
アクティブだろうが、インデックスだろうが。

何回同じ過ちを繰り返せば気が済むんだろう。

— ...

オススメ本, 投資・資産運用

著者  チャールズ・エリス
出版社  日本経済新聞出版社
分類  実用書
出版日  2015/1/23

 

『敗者のゲーム』とはどういう本なのか?

投資でいい成績 ...

人生哲学, 幸福, 考え方

現代人はみんなたくさんの悩みを抱えている。

 

ある人はお金のことで悩み、ある人は恋愛のことで悩んでいる。

ある人は人間関係のことで悩み、ある人は仕事のことで悩んでいる。

&n ...

幸福, 社会, 考え方

精神科医の河合隼雄は『中空構造日本の深層』という本の中で、空気に流されやすい日本人のメンタリティーについて警鐘を鳴らしている。

山本七平という人も『「空気」の研究』という本の中で詳しくその辺りのことについて解説している。

お金, 不動産投資, 投資・資産運用

 

学校教育では子供たちに「借金はダメ」と教えている。
だけどもしも僕が教育のトップで何でも自由に決めていい立場だったら子供に借金を自分に有利に使う方法を教える。
借金をコントロールし自由に操れる ...

人生哲学, 商売, 幸福

日本は戦争に負け、焼け野原になった。

だから裸一貫で頑張るしかなかった。

 

とにかく何もないのだ。

そこには安定もなければ、安全もない。

 

人生哲学, 幸福, 考え方

僕は映画が大好きなのだけれども、おもしろい映画というのはだいたい話が重厚で深いものだ。

それは『ハリー・ポッター』や『ロード・オブ・ザ・リング』といった超大作でも同じ。

 

制作費の問題で ...

メンタル術, 人生哲学, 幸福

僕は根が貧乏性なのでお金がないとすぐに不安になってしまう。

だから最近流行りの『お金がなくても心が豊かであればそれでいい』的な崇高な価値観にはどうも馴染めない。

 

お金はあるに越したこと ...