オススメ本・喜多村 洋子/長岐 隆弘著『賢くお金を残す! 大家さんのための節税対策』について

2019年3月17日

  • 著者  喜多村 洋子/長岐 隆弘
  • 出版社  ぱる出版
  • 出版日  2013/4/20

スポンサーリンク

『賢くお金を残す! 大家さんのための節税対策』とはどういう本なのか?

★本書は専門税理士と不動産鑑定士の最強タッグによる決定版!
◎税理士:喜多村 洋子 ◎不動産鑑定士:長岐 隆弘

◆大家さん! その税金、払いすぎていませんか?
◎アパート経営はやり方しだいで天国にも地獄にもなります。
◎とくに節税は、知ってる人と知らずに始める人とでは大きな差。
◎対策しないままだと思ったほど手元にお金は残りません!
◎「相続大増税」に向けて、ここを知らなきゃ確実に損します!

◆手元にお金を残したいなら節税対策しなくっちゃ!
◎不動産投資を始める前にこれだけは知っておかないと、絶対に損します!
◎大家さん業は節税対策を怠ると、ほとんどお金が手元に残りません!
◎空室だらけで儲かっていないのに、なぜ税金だけが増えるのか?
◎物件を処分したいとき、事業継承したいときの節税対策は必須です。

不動産投資をやる人にとって税金の知識を入れておくことは非常に重要。

なぜなら不動産投資は他の投資法に比べて圧倒的に節税効果が高い投資法だからだ。

これを使わない手はない。

 

もしも節税方法を知らなければ、それだけ損をするばかりか、全体の収入バランスにも影響を及ぼす。

こちらの本は非常にわかりやすく不動産投資に関する税金のことが書いてある。

ぜひ参考にしてもらいたい。

 

関連記事

著者の紹介

喜多村洋子

税理士。喜多村税務会計事務所、代表。

都立日比谷高等学校を卒業。

劇団テアトルエコーを経て劇団四季に入団。

数年を演技の世界で過ごす。

その後転職をめざし調理師資格を取得。

税理士受験のため夜間簿記学校に通い、日商簿記検定1級を取得し、2年後税理士試験に合格。

その間3年弱の会計事務所勤務を経て1985年3月26日に税理士登録し開業。

勤務時代には経験がなかった相続の申告に何とか関わり相続贈与の対策業務の必要性を痛感、資産税を極めることに非常にやりがいを覚える。

以来毎年十数件の対策・申告業務を重ね、本の出版や講演等を機に、資産税を特化業務とする。

(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

長岐隆弘

アセットライフマネジメント株式会社代表取締役。

不動産鑑定事務所ながき鑑定代表。

不動産業界と金融業界の両方に精通する不動産投資専門の不動産鑑定士。

大学卒業後大手ハウスメーカーで住宅営業を経験後、大手デベロッパーで不動産鑑定士として鑑定評価を1,000件以上担当する。

その後金融業界へ華麗なる転身をし、大手証券会社で不動産証券化を、メガバンクで融資担当者として不動産会社への融資業務に従事する。

この経験を活かし、自らも不動産投資を行い、現在では複数の賃貸不動産を所有する。

不動産鑑定士として活躍する傍ら、資産運用コンサルティング会社アセットライフマネジメント株式会社を設立し、不動産投資コンサルタントとして悩める不動産投資家の支援を行っている。

(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

個人所得が900万円を超えた金額分は所得税と住民税を合わせて税率43%ですが、法人は800万円超の所得に対して実効税率が35.64%になります。

税率だけで比較すると法人税が有利になるのは所得ベースで3,100万円を超えてきたくらいと分かります。

しかし、不動産賃貸業の法人の場合は経費の適応範囲が広いというメリットがあり、いかに経費化できるかがポイントになります。

ここを上手く使うことによって、例えば不動産所得として1,000万円程度になるのであれば、法人等を検討してもいいのではないかと私は考えます。

僕も最初は個人からスタートし、その後、法人成りをした。

そのいちばんの理由は個人のままでいるよりも法人の方が税制上の恩恵が受けられるからだ。

・・・ということは逆に言えば、税金を気にしなければいけないくらい儲かってきたということでもある。

 

僕が最近気になるのはまだ儲かってもいないのに焦って法人を設立してしまう人がいるケース。

順番が逆なのだ。

まず儲かって、税金のことで悩むようになってから法人化した方がいいと思う。

 

銀行だって何の実績もないのに、いきなり法人を設立した人が「さあ、融資をしてくれ」と言われても困る。

規模を拡大していきたいという気持ちは痛いほどよくわかるが、銀行から融資を引っ張れなくなったらその時点で規模拡大も何もあったもんじゃなくなる。

 

まずは個人で不動産投資を成功させること。

話はそれから!というわけだ。

 

 

関連記事

https://sakamotoharuki.com/multiple-power/

よく一緒に購入されている商品

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

https://sakamotoharuki.com/there-is-only-exercise-to-train-the-brain/
 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

↓ランキングに参加しています! よろしければ応援クリックお願いします🤗

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

金融・投資ランキング