不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。
会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

オススメ映画『アーティスト』(2011年)について〜フランス人たちによるハリウッドに対するオマージュが泣ける!

2018/11/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

 

スポンサーリンク

 

『アーティスト』解説

映画がサイレントからトーキーの時代へと移り変わる1927年から1932年のハリウッドが舞台。

時代の移り変わりと同時に人気に陰りが見えはじめるスター俳優と、新人女優としてスターダムへ上り詰めてゆく女優の姿をモノクロームの美しい映像美で観せる。

アメリカのハリウッドが舞台でありながら演じている役者もスタッフも全員フランス人というユニークな設定も話題となった。

本作は見事にアカデミー賞最優秀作品賞に輝き、主演をつとめたジャン・デュジャルダンは最優秀主演男優賞を受賞した。

スポンサーリンク

 

映画『アーティスト』あらすじ

1927年のハリウッドはまだサイレントの時代だった。

その時代にスターダムの頂点にいたのはジョージ・ヴァレンティン(ジョン・デュジャルダン)。

ジョージはふとしたきっかけで駆け出しの女優の卵ぺピー(ベレニス・ベジョ)と知り合いになる。

その後、ぺピーはオーディションを重ね、しだいに女優として頭角を現しはじめる。

一方、時代はサイレントの時代からトーキーの時代に移っていき、それでもサイレントにこだわり続けるジョージの人気は下降線をたどることになる・・・・

スポンサーリンク

 

映画『アーティスト』キャスト

  • ジョージ・ヴァレンティン :ジャン・デュジャルダン
  • ペピー・ミラー :ベレニス・ベジョ
  • ジャック:アギー
  • アル・ジマー:ジョン・グッドマン
  • クリフトン :ジェームズ・クロムウェル
  • コンスタンス: ミッシー・パイル
  • ドリス: ペネロープ・アン・ミラー
  • 執事: マルコム・マクダウェル
  • ノーマ :ビッツィー・トゥロック
  • ペピーのメイド :ベス・グラント
  • ペピーの最初のお抱え運転手 : エド・ローター
  • 見物人:ジェン・リリー
  • 警察官 :ジョエル・マーレイ
  • 賛美する女性:ニーナ・シマーシュコ
  • フラッパー・スターレット :ジュエル・シェパード
  • 競売人 :ベイジル・ホフマン
  • キャスティング・アシスタント: ベン・カーランド
  • 質屋 :ケン・デイヴィシャン

スポンサーリンク

 

映画『アーティスト』スタッフ

  • 監督:ミシェル・アザナヴィシウス
  • 脚本:ミシェル・アザナヴィシウス
  • 製作:トマ・ラングマン
  • 音楽:ルドヴィック・ブールス
  • 撮影:ギョーム・シフマン
  • 編集:アン=ソフィー・ビオン、ミシェル・アザナヴィシウス
  • 配給:ワーナー・ブラザース、ワインスタイン・カンパニー
  • 公開:2012年1月20日(アメリカ)、2012年4月7日(日本)
  • 上映時間:100分

スポンサーリンク

 

映画『アーティスト』受賞等

  • アカデミー賞:作品賞、監督賞、主演男優賞、作曲賞、衣装デザイン賞
  • 女性映画ジャーナリスト同盟賞:作品賞、監督賞
  • アメリカ映画編集者協会賞:長編映画編集賞(コメディ・ミュージカル)
  • アメリカ映画協会賞:AFI特別賞
  • オーストラリア映画テレビ芸術アカデミー賞:作品賞(国際部門)、監督賞(国際部門)、男優賞(国際部門)
  • 英国アカデミー賞:作品賞、監督賞、主演男優賞、オリジナル脚本賞、作曲賞、撮影賞、衣装デザイン賞
  • ボストン映画批評家協会賞:作品賞
  • カンヌ国際映画祭:男優賞、パルム・ドッグ賞
  • セザール賞:作品賞、監督賞、主演女優賞、撮影賞、美術賞、作曲賞

ほか多数受賞

スポンサーリンク

 

映画『アーティスト』を観た僕の感想(レビュー)

映画がサイレントの時代からトーキーへと移り変わる時代のハリウッドが舞台。

セリフもなく、制限だらけの中だからこそ動きや表情、音楽やダンスで魅せる!

全編、ハリウッドに対するオマージュと映画愛に満ち溢れている。

映画が好きな人はぜひ観てほしい作品。

スポンサーリンク

 

映画『アーティスト』関連商品

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

 

 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.