不動産投資(5棟74室+月極Pを運営し、2010年12月に法人化)、株式投資(個別株&ETF)、事業所得(ブログ運営)などをしながらセミリタイア生活を満喫している映画好き大家さんのブログ。

サカモトハルキの『僕はこう思う』

不動産投資(5棟74室+月極Pを運営し、2010年12月に法人化)、株式投資(個別株&ETF)、事業所得(ブログ運営)などをしながらセミリタイア生活を満喫している映画好き大家さんのブログ。国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

 

オススメ映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』(2009年)について

2019/01/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

 

ハングオーバー! [Blu-ray]
HIKARI・オンライン

 

 

映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』解説

アメリカ歴代コメディ映画史上最高の興行収入を稼ぎ出した大ヒット・シリーズの第一弾。

結婚の前夜祭に参加した男たちがラスベガスで酔いつぶれ、とんでもない事態に巻き込まれてゆくというストーリー。

監督は『スタスキー&ハッチ』などでおなじみのトッド・フィリップス。

主演はこの映画が大ブレイクのきっかけとなったブラッドリー・クーパー。

比較的低予算でハリウッド・スターが出演していないにも関わらず、興行収入的にも大ヒットを記録したし、評論家のあいだからも絶賛された。

特別キャストでマイク・タイソンが出ていることも話題になった。

スポンサーリンク

 

映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』あらすじ

結婚を目前に控えたダグ(ジャスティン・バーサ)は、結婚を目前に控えた男たちが繰り広げるいわゆる『バチェラーパーティー』のためにラスベガスにやってきた。

ダグの親友のフィル(ブラッドリー・クーパー)やステュ(エド・ヘルムズ)らも一緒だ。

ところが翌日ラスベガスのホテルで目を覚ますと、そこには虎がいて、赤ん坊が泣いていた。

そして、昨晩のことは誰も覚えていない。

そこから、奇想天外なジェットコースター・ストーリーが展開してゆく・・・・

スポンサーリンク

 

映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』キャスト

  • フィル・ウィネック:ブラッドリー・クーパー
  • スチュアート(スチュ)・プライス:エド・ヘルムズ
  • アラン・ガーナー:ザック・ガリフィアナキス
  • ダグ・ビリングス:ジャスティン・バーサ
  • ジェイド:ヘザー・グラハム
  • トレーシー・ガーナー:サーシャ・バレス
  • シド・ガーナー:ジェフリー・タンバー
  • メリッサ:レイチェル・ハリス
  • レスリー・チャウ:ケン・チョン
  • 黒い方のダグ:マイク・エップス
  • フランクリン:ロブ・リグル
  •  マイク・タイソン

スポンサーリンク

 

映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』スタッフ

  • 監督:トッド・フィリップス
  • 脚本:ジョン・ルーカス、スコット・ムーア
  • 製作:トッド・フィリップス、ダン・ゴールドバーグ
  • 製作総指揮:トーマス・タル、ジョン・ジャシュニ、ウィリアム・フェイ、スコット・バドニック、クリス・ベンダー、J・C・スピンク
  • 音楽:クリストフ・ベック
  • 撮影:ローレンス・シャー
  • 編集:デブラ・ニール=フィッシャー
  • 配給:ワーナー・ブラザース
  • 公開:2009年6月5日(アメリカ)、2010年7月3日(日本)
  • 上映時間:100分

スポンサーリンク

 

映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い!』受賞等

  • アメリカ映画編集者協会賞:長編映画編集賞 (ミュージカル・コメディ部門)
  • デトロイト映画批評家協会賞:アンサンブル賞
  • ゴールデングローブ賞:作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)
  • MTVムービー・アワード:コメディ演技賞
  • スパイク・ガイズ・チョイス・アワード:ガイ・ムービー・オブ・ザ・イヤー
  • セントルイス映画批評家協会賞:コメディ映画賞

スポンサーリンク

 

映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』を観た僕の感想(レビュー)

婚前旅行にラスベガスに来た野郎3人が酒を飲んでハメを外すという正真正銘のおバカコメディー。

だが、なかなかどうして非常によく出来た作品になっている。

脚本がいい!

テンポも良くて飽きない!

とにかく酒は怖いね・・・

 

次から次へと目まぐるしくストーリーが転がってゆくので、あっという間に時間に経ってしまう。

本当におもしろい映画というのは時間が経つのも忘れるものだ。

そういった意味では本作はそういう「本当におもしろい映画」ということになるのだろう。

 

日常で多少嫌なことがあっても、本作のような映画を観るとスカッとした気分になることができるかもしれない。

それくらいバカバカしく、おもしろく、痛快な作品になっている。

いろいろなことが複雑になりつつある世の中において、こういう単純明快な映画って逆に貴重だと思う。

 

 

ハングオーバー! [Blu-ray]
HIKARI・オンライン

 

スポンサーリンク

 

映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』トリビア

  • ヘザー・グラハムが演じた、ジェイド役には当初、リンジー・ローハンがオファーされていたが、脚本が気に入らず、映画自体もコケると予想したリンジーはオファーを断った。後に映画が大ヒットを記録し、リンジーは「後悔している」と認めた。
  • 歯が1本抜けたステュを演じたエド・ヘルムズは、この映画のために歯を抜いたのではなく、もともとこの部分に歯が生えず、インプラントを施していたとのこと。別に役者根性でもなんでもなかったところとか、ハングオーバー! っぽくてサイコー!
  • マヌケな東洋人のレスリー・チャウ役のケン・チョンは、医師免許を持つ超インテリとのこと。
  • 本作にあっと驚く形で登場するマイク・タイソンは実生活でもトラを7頭飼っていたとのこと。

 

スポンサーリンク

 

映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』キャッチコピー

 

昨日の記憶が、全くない!?

 

スポンサーリンク

 

映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』はAmazonプライム・ビデオでも観れます

 

>>>Amazonプライム・ビデオ(今なら1ヶ月の無料体験ができるよ!)

スポンサーリンク

 

Amazonプライム会員になると得られる13コのメリット

 

  1. 月額たったの325円という驚きの安さ(学生の場合は200円!)
  2. Amazonからの配送料が無料になる
  3. お急ぎ便や日時指定便も無料になる
  4. Amazonプライム・ビデオ内の約3万点の映画やドラマが見放題になる
  5. 『ドキュメンタル』や『バチェラー・ジャパン』などのオリジナル・コンテンツが観れるようになる
  6. PrimeMusic内の100万曲の音楽が聴き放題になる
  7. PrimeReadingに登録された電子書籍が読み放題になる
  8. Kindleが4,000円引きで購入できる
  9. Kindle本が毎月1冊無料で読める
  10. Amazonパントリーで日用品をダンボール買い(まとめ買い)ができるようになる
  11. 月に1度開催される超特価セール、プライムデーに参加できる
  12. 生鮮食品を届けるサービス、Amazonフレッシュを利用できるようになる
  13. 30日以内の試着なら無料で返品できる、Amazon Fashionの配送料が無料になる

 

>>>Amazonプライム(今なら1ヶ月の無料体験ができるよ!)

スポンサーリンク

 

 

ハングオーバー!!! 最後の反省会 [Blu-ray]
ワーナーホームビデオ
ICHIMANGOKU

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.