不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。
会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

オススメ映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』(2009年)について〜ハチャメチャだけど、脚本がしっかりしてるからおもしろい!

2018/11/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

 

スポンサーリンク

 

『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』解説

アメリカ歴代コメディ映画史上最高の興行収入を稼ぎ出した大ヒット・シリーズの第一弾。

結婚の前夜祭に参加した男たちがラスベガスで酔いつぶれ、とんでもない事態に巻き込まれてゆくというストーリー。

監督は『スタスキー&ハッチ』などでおなじみのトッド・フィリップス。

主演はこの映画が大ブレイクのきっかけとなったブラッドリー・クーパー。

比較的低予算でハリウッド・スターが出演していないにも関わらず、興行収入的にも大ヒットを記録したし、評論家のあいだからも絶賛された。

特別キャストでマイク・タイソンが出ていることも話題になった。

スポンサーリンク

 

映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』あらすじ

結婚を目前に控えたダグ(ジャスティン・バーサ)は、結婚を目前に控えた男たちが繰り広げるいわゆる『バチェラーパーティー』のためにラスベガスにやってきた。

ダグの親友のフィル(ブラッドリー・クーパー)やステュ(エド・ヘルムズ)らも一緒だ。

ところが翌日ラスベガスのホテルで目を覚ますと、そこには虎がいて、赤ん坊が泣いていた。

そして、昨晩のことは誰も覚えていない。

そこから、奇想天外なジェットコースター・ストーリーが展開してゆく・・・・

スポンサーリンク

 

映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』キャスト

  • フィル・ウィネック:ブラッドリー・クーパー
  • スチュアート(スチュ)・プライス:エド・ヘルムズ
  • アラン・ガーナー:ザック・ガリフィアナキス
  • ダグ・ビリングス:ジャスティン・バーサ
  • ジェイド:ヘザー・グラハム
  • トレーシー・ガーナー:サーシャ・バレス
  • シド・ガーナー:ジェフリー・タンバー
  • メリッサ:レイチェル・ハリス
  • レスリー・チャウ:ケン・チョン
  • 黒い方のダグ:マイク・エップス
  • フランクリン:ロブ・リグル
  •  マイク・タイソン

スポンサーリンク

 

映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』スタッフ

  • 監督:トッド・フィリップス
  • 脚本:ジョン・ルーカス、スコット・ムーア
  • 製作:トッド・フィリップス、ダン・ゴールドバーグ
  • 製作総指揮:トーマス・タル、ジョン・ジャシュニ、ウィリアム・フェイ、スコット・バドニック、クリス・ベンダー、J・C・スピンク
  • 音楽:クリストフ・ベック
  • 撮影:ローレンス・シャー
  • 編集:デブラ・ニール=フィッシャー
  • 配給:ワーナー・ブラザース
  • 公開:2009年6月5日(アメリカ)、2010年7月3日(日本)
  • 上映時間:100分

スポンサーリンク

 

映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い!』受賞等

  • アメリカ映画編集者協会賞:長編映画編集賞 (ミュージカル・コメディ部門)
  • デトロイト映画批評家協会賞:アンサンブル賞
  • ゴールデングローブ賞:作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)
  • MTVムービー・アワード:コメディ演技賞
  • スパイク・ガイズ・チョイス・アワード:ガイ・ムービー・オブ・ザ・イヤー
  • セントルイス映画批評家協会賞:コメディ映画賞

スポンサーリンク

 

映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』を観た僕の感想(レビュー)

婚前旅行にラスベガスに来た野郎3人が酒を飲んでハメを外すという正真正銘のおバカコメディー。

だが、なかなかどうして非常によく出来た作品になっている。

脚本がいい!

テンポも良くて飽きない!

とにかく酒は怖いね・・・

次から次へと目まぐるしくストーリーが転がってゆくので、あっという間に時間に経ってしまう。

本当におもしろい映画というのは時間が経つのも忘れるものだ。

そういった意味では本作はそういう「本当におもしろい映画」ということになるのだろう。

スポンサーリンク

 

映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』関連商品

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.