不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。
会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

自分を考え方を変えようとしない人は本当は困ってなんかいないヒト説

2018/11/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

『幸せな人生を送れるかどうかは考え方しだい』というのが僕の基本的な信条だ。

 

僕たちは幸せになるために生まれてきたのだ。

それなのに、いつまで経っても幸せになれないというのはどこかがおかしいのだ。

 

たいがいは「」がおかしい。

だから、考え方を矯正してあげればあとは自然とうまくいくようになる。

 

それなのにどこかの時点で、

正しいことをしていれば幸せになれる

苦労していれば幸せになれる

頑張っていれば幸せになれる

____なんて思い込んでしまった。

 

どこかの時点で、誰かにそんな考えを植えつけられてしまったのだ!

スポンサーリンク

 

アレルギー性喘息になって気づいたこと

幸せになるためには幸せになるような「考え方」をして生きていけばいい。

ただそれだけの話なのだ。

 

カラダに悪いものを毎日食べていたら、そりゃカラダを壊す。

ごくごく自然な話だ。

 

今回、僕はアレルギー性の喘息にかかり、エライ目に遭った。

それでアレルギーのことをいろいろと調べてゆくうちに、アレルギーには食生活が影響していることがわかった。

 

なるほど、言われてみれば僕はジャンク・フードが大好きだ。

ジュースやお菓子、アイスクリームなども大好きだ。

 

何らかの因果関係があるはずだ。

つまり、『肉体というのは食べたものによってつくられる』ということだ。

至極、当然のことだと思わないだろうか!

 

これと同じように人間の心というものも「普段、どんな考え方をしているのか?」ということが大いに関係している。

そして、その人間の心が意思決定に影響を及ぼし、その意思決定が人生をつくってゆくのだ。

 

これはとても重要なことだ!

 

だから考え方がおかしかったら、人生もおかしくなってゆくのだ。

幸せになりたかったら、幸せになるような考え方をすればいいということだ。

これまた至極、当然のことだと思わないだろうか!

スポンサーリンク

 

仕事でうまくいかないことにも何らかの原因があるはず

もしも人生がうまくいってないんだとしたら、「何かがおかしい」と思わなければいけない。

たとえば仕事がうまくいってないんだとしたら、「どこか自分に落ち度はなかったか」と内観してみる作業が必要だ。

 

くれぐれも申し上げておくが、これは決して「自分を責める」ということではない。

 

自己嫌悪ではない。

『分析』だ。

 

自分自身のことについて考えることと、自分を嫌いになることはまったく別のことだ。

そこを混同してはいけない。

 

だから自分を責めなくてもいいから、冷静に自分のやってきたことをふり返ってみるのだ。

 

そうすればきっとヒントが見つかる。

「ああ、そうか! これが足りてなかったのか!」というものが見つかる。

 

仕事やビジネスというのは、相手を満足させることができさえすれば大概うまくいくものだ。

 

お客さんを満足させることができただろうか

お客さんのニーズを満たしてあげただろうか

お客さんは喜んだだろうか

お客さんに何らかの価値を提供することができたであろうか

お客さんを納得させることができただろうか

お客さんをいい気分にさせることができただろうか

etc・・・

 

ひとつひとつふり返ってみれば、いろんな反省点や自分の至らない部分が見えてくるはずだ。

それがわかったならば、次はそれを生かせばいいだけの話だ。

 

何も問題はない。

それですべて解決だ!

スポンサーリンク

 

なぜアフリカの原住民にはうつ病患者が一人もいないのか

日本民族というのはDNAレベルで「日本民族に合った食べもの」というものがある。

 

それなのにカラダに合わない西洋の食べ物ばかり食べていたら、カラダが拒否反応を示すのは当たり前だ。

食品添加物や化学物質がたっぷり含まれたものばかり食べていれば、そりゃ健康を害する。

 

近年、なぜアレルギー患者が急増したのか?

花粉症や喘息やアトピーになる人が急増したのか?

 

そのことと日本人の食文化の変化とのあいだには何らかの因果関係があるはずだ。

 

同じように近年、うつ病患者の数が激増している。

自殺者の数自体は人口減少社会の影響もあって減少傾向にある。

しかしならがら、自殺者の割合自体はずっと高止まりのままなのだ。

 

これにも何らの原因があるはずだ。

もしかしたらグローバル資本主義によるストレスが原因なのかもしれない。

 

グローバル資本主義は激しい競争を強いる。

ついて来れない者は捨て去られる弱肉強食の世界だ。

 

当然、ストレスがたまるだろう。

不安ばかりが募る・・・

 

うつ病患者は圧倒的に先進国に集中しているそうだ。

アフリカの原住民にはうつ病患者が一人もいないそうだ。

 

それはいったい何を意味しているのだろう?

ひとつひとつの現象には、ひとつひとつ原因があるのだ。

スポンサーリンク

 

本当に困っていたら「変えなきゃ!」と思うはず

カラダの病気にしろ、心の病気にしろ、あまりにも重症になったら病院に行く必要がある。

「病院なんかに行きたくない!」という気持ちもわかるが、そのまま放っておくと症状はもっと悪化してゆく。

 

だけど病院に行けば、先生からいろんなことを言われる。

病名が告げられるし、治療もしなければいけない。

もしかしたら入院や手術をしなければいけない。

 

できることなら、そんなことはしたくない。

だけど、いつまでも逃げまわっているわけにもいかない・・・

 

同じように人生でうまくいかないことがあったときも、『嫌なこと』を受け入れなきゃいけない。

見たくないものや、耳が痛くなるようなことも受け入れなきゃいけない。

 

それはなかなかしんどいことである。

プライドも傷つく。

でも「どこか悪かったのか?」ということをふり返り、自己分析することはとても大切なことだ。

 

そこからいろんなことが見えてくる。

そこからいろんなことを学べる。

それを次に活かせばいいのである!

 

本当に困っていたら、自然と自己分析をしようと思うはずだ。

そして幸せになる人というのは、そこから何らかの気づきを得て、自分の人生に活かそうとする。

 

だから何も反省しない人、同じ過ちを繰り返す人というのは本当は困ってないのかもしれない。

本当に困ってる人だったら、まっすぐ「問題を解決しよう!」とするはずだ。

 

その問題解決に向けた行動をするはずだ。

考え方を根本的に変えるはずなのだ。

 

さて、みなさんは今、どんな人生を送っているだろう?

人生はうまくいってるだろうか。

 

みなさんは今、幸せだろうか。

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

 

 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.