不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。
会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

【固定観念を外せ!】 『借金』というものを賢く上手に使えば未来は明るい!という話

2018/10/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

『借金』というのは「日本人が忌み嫌うものランキング」で堂々の第一位にランクされるものだと思う。

 

借金・・・という言葉から連想されるものは限りなくネガティヴなもの。

日本人の借金というものに対するアレルギー反応はスゴイものがある。

 

そのネガティブなイメージは、同じく投資をやってる人たちのあいだにも深く浸透している。

だから株や投資信託といった、いわゆる「ペーパー・アセット(紙の資産)」と呼ばれるものに投資している人たちも不動産投資にだけは拒絶反応を示す人が非常に多い。

 

なぜなら不動産投資はまさにこの『借金』というものを利用するスタイルの投資法だからだ。

 

しかし僕はこの『借金』を上手に使いこなすことが投資を成功させるうえで最も重要なことだと思っている。

みなさんがすでに億万長者で、自由に使える自己資金が1億も2億もあるというのなら話は別だ。

 

1億も2億も自己資金を使えるのならば、利回り2%、3%%のインデックス・ファンドや、配当狙いの株式投資でもある程度まとまったお金を得ることができるだろう。

もしかしたら、そのリターンだけで悠々自適のセミリタイアを送り、家族を養ってゆくことができるかもしれない!

 

でも、果たしてそんなにたくさんの自己資金を持ってる人って、いったいどれくらいいるんだろうか?

年収1,000万円を超えるサラリーマンであっても、投資に1億円をまわせるだけの余裕資金のある人はそう滅多にいないはずだ。

 

スポンサーリンク

自己資金だけで大きなリターンを狙うのは困難

はっきり言って、今いろいろな投資法や資産運用法が話題になっているけれど、ある程度まとまったリターンを求めるのならば、ある程度まとまった元金を持っていなければならない。

 

1,000万円を年利5%で運用して、年間50万円(税金は考慮していない)

_____50万円ではとてもじゃないけど家族を養ってゆくことはできないだろう。

 

5,000万円でも250万円

7,000万円でも350万円

 

1億円を年利5%で運用して、ようやく年間500万円(税金は考慮していない)

_____500万円なら、贅沢さえしなければ家族4人でそこそこな暮らしはできるだろう。

 

ただし、これは年利5%の場合だ。

もしも4%だったら、1億円を投資しても、400万円

もしも3%だったら、1億円を投資しても、300万円

 

それに(ここがいちばん重要なところなのだが)、はっきり言って、このブログを読んでくれてる読者のみなさんは恐らく1億円なんて現金は持っていないと思う。

いや、仮に1億円というキャッシュと持っていたとしても、それを全額配当の出る株やインデックス・ファンドに突っ込める人はそうそう居ないハズだ。

 

1億円といったら、相当な金額だ。

これから朝から晩まで目いっぱい死ぬ気で働き、給料やボーナスを全額貯金にまわしたとしても、1億円を貯めることはほとんど不可能だろう。

もし実現可能だったとしても、20年も30年もかかることだろう。

 

だから『自己資金で大きなリターンを狙う』というのは非常に困難なのである。

 

スポンサーリンク

 

借金というものを利用すればいろんなものがタダで手に入る

みんな結局、この壁にぶち当たる。

みんな最終的にはこのジレンマを抱え込むことになる。

 

  1. 投資元金を増やす
  2. 利回りを増やす

 

_____元も子もないことを言ってしまえば、投資で大きなリターンを求めるのならば、この2つのうちのどちらかを選ぶしかないのである。

 

巷でよく言われる『複利のパワー』ってやつがものスゴイということは、僕も百も承知である。

でも、その複利の力を考慮したとしたとしても、自己資金を使って家族を養うレベルにまで到達のは容易なことではない・・・

 

しかし、借金を味方につけて、『レバレッジのパワー』を利用すれば、話は変わってくる!

 

もちろんそこには巨大なリスクというものが存在しているが、もしもそのリスクを引き受ける覚悟があるのならば、うまくいけばかなり大きなリターンを獲得することができるだろう。

そして、そっちを選択した方が自己資金を使って投資するよりも、はるかに早く夢を実現できるかもしれない。

 

その際に最大のポイントとなるのが『借金』というものである!

 

この借金というものをどのように捉えるかによって、短時間のあいだに大きなリターンを得られるようになるか・ならないかが決まる。

ところが、借金はとにかくみんなの嫌われ者。

「借金」というワードを耳にした途端にフッと顔色が変わる人がたくさんいる。

 

でも、よく考えてみてほしい。

借金をしてアパートを購入し、もし5年経って資金繰りに苦しくなったら、その物件を売却すればいいだけの話だ。

もちろん、残債以上で売れなければ損をすることになるわけだが、もしも買った値段+諸費用くらいの値段で売れた場合、実質『タダ』で物件を所有できていたことになるのだ。

 

しかもその間、家賃収入も入ってきていた!

その家賃収入というインカムゲインは「丸儲け」ということになる。

 

さらに、もしも残債よりも高く売れた場合は、ここに売却益もONされる(税金は考慮していない)。

つまり、インカムゲインとキャピタルゲインを『タダ(=無料)』で手にしたことになるのだ。

 

借金というものを賢く上手に利用すれば、こんな魔法のようなことが実現できてしまうのである!

こうやって考えてみると、あれほど恐れていた『借金』というものがそれほど恐れることのないものように思えてはこないだろうか?

 

スポンサーリンク

 

銀行は不動産にだったら喜んでお金を貸す

不動産というものは急激に値段が落っこちることもない。

自動車みたいに「新車で購入した翌日に売りに出したら、半値以下だった・・・」ということはまず起こらない。

 

もちろん、不動産価格だってその時々の経済情勢によって変化はする。

しかし、その変化は株式やFXなどのペーパー・アセットなんかに比べると、はるかに緩やかなものだ。

 

不動産はよく「流動性が悪いからダメだ!」と言われる。

だけど、流動性が悪いということはそれだけ価格変動がゆっくり推移し、あまり乱高下しないということだ。

それはデメリットというよりも、むしろメリットなのではないだろうか・・・?

 

もしも不動産価格が仮想通貨みたいに激しく乱高下していたら、きっと大変なことになっていただろう。

流動性が悪いということは、それだけ「価値が下がらない」ということの裏づけでもある。

 

その代わり、「価値が1ヶ月・半年のあいだに倍の価格になった!」ということも起こらない。

株や仮想通貨なんかの場合、短時間のあいだに価格が2倍3倍になったりすることもある。

でも不動産の場合はそういうことは滅多に起こらない。

 

この『価値がある一定の水準をずっとキープし続ける』というのは不動産というものの最大の特性だ。

古今東西、いろいろな資産があるけど、不動産ほど価格が変動しない資産も珍しい。

急激にUPすることがない代わりに、急激にDOWNすることもない・・・

 

だから銀行は不動産が大好きなのだ。

株式や仮想通貨に投資する目的では融資してくれないのに、不動産に投資する目的では融資してくれるのはそういった理由からだ。

 

僕は『借金をするのは決して悪いことじゃない!』と心の底から思っている。

だが、それに前提条件がひとつだけある。

それは、

 

「不動産」のための借金であること

_____という前提条件だ。

 

借金は恐ろしいものであることぐらい僕だって知っている。

だけど、不動産を手に入れるための借金だったら、それほど恐れることはない。

 

それは不動産が『価値がなかなか下がらない資産』だからだ。

そういう資産を手に入れるためだったら、僕は借金をしても構わない!と思っている。

いや、むしろどんどん積極的に借金をすべきだと思っている。

 

借金をすれば、いち早くその資産が手に入る。

20年も30年も待たなくても、今すぐその資産を手に入れることができる。

 

でも、不動産は高額だ。

そんな高額な資産を自己資金だけで手に入れることはほとんど不可能だ。

今すぐ手に入れるためには『借金』というものを利用しなければならない。

自己資金だけでそれを手に入れるためには、長い年月が必要だ。

 

非常に長い年月だ・・・

 

5,000万円を貯めようと思い、月20万円貯金したとしても、20年かかる。

5,000万円を貯めようと思い、月30万円貯金したとしても、13年かかる。

 

もしも月に15万円しか貯金にまわせなかったとしたら、5,000万円に到達するまでに27年かかる。

____さて、みなさんは本当にこれだけの期間、じっと我慢して貯金し続けることができるだろうか?

 

スポンサーリンク

 

借金を嫌うとチャンスを取り逃がす

ほとんどの人は途中で挫折すると思う・・・

長い年月のあいだには様々なことが起こる。

結婚、出産、子供の教育、家、車、医療、介護、etc・・・

 

そういった諸々の出来事に対応しているあいだに、その一つ一つにお金が必要になり、きっと多くの人は継続してお金を貯金することをやめてしまうだろう。

もしかしたらその頃にはもう資産を手に入れることなんてどうでもよくなっているかもしれない。

 

とにかく目の前に雑事に終われ、人生に節目節目に訪れる厄介ごとを解決するのに精一杯・・・

そして、ふと気がついたときには人生が終わりに近づいている_____というような人生を送る人が圧倒的に多いのだ。

 

人生は意外に短いものだ。

 

「借金するのが嫌だ!」

_____という、たったこれだけの理由だけで、人生を棒に振ってしまって本当にいいんだろうか?

 

『本当の資産』をいち早く手に入れる機会をフイにしてしまって本当にいいのだろうか?

 

自分のフトコロにキャッシュを運んでくれて、なおかつ価値の下がりにくいものを手にするチャンスをみすみす逃してしまって本当にいいんだろうか?

 

それでもまだ自己資金に固執するだろうか?

それでもまだ借金を嫌うだろうか?

 

皆さんは果たして本当に生活費のほかに20万30万も貯金にまわすことができるだろうか?

もしかしたら、20万・30万どこの騒ぎではなく、15万円でも(いや、10万円でも)も貯金にまわすのはかなりキツイことなのに・・・

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.