不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
元不動産会社のサラリーマン。
現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中
2010年12月より法人化(8期目)
ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画や本のレビュー記事などを発信中。
最近、株式投資もスタート。
奥さんと中1小4男子と猫と自由にのんびり暮らしてまーす。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

選択肢がないことが人生の救いになるもあるという話

 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

自慢じゃないけど僕は勉強があまりできなかった。

 

いや、あまりできなかったんじゃないな。

はっきり言って、勉強に関しては落ちこぼれだった。

 

大学は出たけれど、地元の三流大学しか出ていない。

大学生のあいだも特別何かに打ち込んでいたわけじゃない。

将来何かやりたいことがあったわけでもない。

 

特に資格も取得しなかった。

だから学校を卒業し、社会に出て、サラリーマンとして働くようになっても僕は営業の仕事しかできなかった。

 

ご存知のとおり、営業の仕事は誰でもできるような仕事だ。

何か特別なスキルや資格が必要とされるような職種ではない。

 

僕には営業の仕事しか残されていなかった。

これといった資格もなければ、技術もない新卒のほとんどは営業の仕事をやるしかないのだ。

 

そして、営業の仕事は多くの新卒者が「やりたくない」と思ってる職種である。

当然ノルマもあるし、忙しいし、朝から晩まで動きまわらなければならない。

その割には給料も安く、誰からも評価されない・・・・

 

学生時代、勉強ができなかった僕はそんな営業の仕事に従事するよりほかに選択肢がなかった。

スポンサーリンク

 

 

営業の仕事に従事できて僕の人生は救われた

これは開き直りでも何でもなく、僕はそれで本当に良かったと思っている。

一周まわって、営業の仕事に従事できたことは本当にラッキーだった。

 

それは間違いなく僕の人生を良い方向へ変えてくれたし、極端な言い方をすれば僕の人生を救ってくれた。

『雨降って地固まる』ってやつだ!

 

言うまでもないことであるが、営業の仕事は厳しい仕事である。

ホワイト・ボードには営業成績が貼り出され、数字を競わされる。

 

当然のことながら厳しいノルマを課せられ、その数字がもしも達成できなければ上司から怒られる。

朝から晩まで外を走りまわり、体力的にもかなり疲れる・・・

 

でも僕はそういう営業の仕事に従事できて本当に良かったと思っている。

もしも違う仕事に従事していたら、僕の人生はだいぶ違ったものになっていたはずだ。

 

僕は朝から晩まで会社にいる仕事じゃなく、朝出社したら夜まで帰ってこないような毎日を送っていた。

そのおかげで僕は随分気が紛れたし、ストレスも軽減できたと思う。

 

数字を追いかけるストレスも大変だけど、ずっと会社の中にいて同じメンツと顔を付き合わせなければならないストレスも大変だ。

僕みたいなタイプはそっちの方が耐えられなかっただろう・・・

 

さらに外に出れたおかげで、僕はいろんなことを吸収することができた。

図書館に行ったり、本屋に行って立ち読みをしたり、時には映画を観たりする時間が持てた。

要するにサボったりすることができたということだ笑

 

昼寝もできた。

人と会って話をする仕事なので、コミュニケーション・スキルもかなり磨くことができた。

 

人の目を見ただけでその人がどんなことを考えているのかを瞬時に見分けることもできるようになった。

洞察力も磨かれた。

 

そのひとつひとつが全部今につながってると僕は思ってる。

それらのことは全部、自分がビジネスをやるうえにおいて役に立っていることだ。

 

もしもそういう1つ1つのスキルが身についていなければ、僕は自分の事業を失敗に終わらせていたことだろう。

スポンサーリンク

 

 

僕は勉強ができなかったから幸せになれた

今の僕があるのは、みんながやりがらない営業の仕事をやっていたことが大きく影響しているのだ。

 

これが下手に僕に学があり、「研究」とかをやるような部署にまわされていたら、僕の人生はどうなっていただろうか。

頭のいい連中に囲まれ、気が紛れることもなく、ストレスをいっぱい抱えて・・・・

 

そう考えたらゾッとする!

 

これは確信を持って言えることだが、絶対に現在のような自由と幸せは手に入れられなかっただろう。

 

『選択肢がない』って素晴らしいことなんだよ!

迷わなくて済むもんね。

 

僕は落ちこぼれで良かったんだよ。

下手に能力があったら、きっと僕の人生は悲惨なものになっていたと思う。

 

だから今、自分のコンプレックスに悩んでいる人は、『これがきっと何かにつながるはずだ』と思ってほしい。

何でもできて、選択肢がいっぱいあることって必ずしもいいこととは限らない。

 

選択肢がない方がいいってこともあるんだよ。

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

 

 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.