不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
元不動産会社のサラリーマン。
現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中
2010年12月より法人化(8期目)
ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画や本のレビュー記事などを発信中。
最近、株式投資もスタート。
奥さんと中1小4男子と猫と自由にのんびり暮らしてまーす。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

『時間』こそが何よりもいちばん重要なもの。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

僕は38歳のときにそれまで勤めていた会社を辞めて、アパートの大家さんとして生計を立てるようになった。

要するに脱サラ・起業したのだ。

 

今にして思えば、よくそんな大それた決断ができたものだと思う。

僕のまわりでそんな危険な選択をするような人間は一人もいなかった。

おそらくみなさんのまわりでも一人もいないだろう。

 

「会社を辞めてぇ」

「自分でビジネスをやってみてぇ」

という声をあげる人はたくさんいる。

 

だけど、実際に行動に移す人はほとんどいない。

 

みなさんのお友達でも、しょっちゅうそんなことを言ってる人がいると思う。

でも、どうだろうか。

 

その人は実際に会社を辞めただろうか?

会社を辞めるための準備を着々と進めているだろうか?

 

おそらく、そんなことはしてないはずだ。

頭に思ったことを口にすることと、実際にそれを実行に移すことはまったく違うことなのだ。

 

実際に行動するということはすごく怖いことだ。

リスクもいっぱいある。

とてつもない不安とプレッシャーに襲われる。

 

だから行動に移す人はほとんどいない・・・

スポンサーリンク

 

モノだけあっても時間がなければ意味がない

僕はなぜ38歳のときに行動に移すことができたのか?

それは』ということがもっとも大切なものだということに気づいたからだ。

 

それまでの僕は大きな勘違いをしていた。

それまでの僕は時間のことを真剣に考えたことがなかった。

 

時間よりも毎日の生活のことや仕事のこと、お金のことばかり考えていた。

そして、そんなこんなをしてゆくうちに時間だけがどんどん過ぎ去ってゆくという悪循環のなかに身を置いていた。

 

その矛盾に僕は気づいた。

 

たとえて言うならば、僕は庭付きの一戸建てを購入し、高性能の芝刈り機を持つことだけに一生懸命になっていたようなものだった。

本当に重要なことはマイホームでも芝刈り機でもなかった。

 

本当に重要なことは、時間だった。

 

どんなに高性能の芝刈り機を持っていたとしても、庭付きの大きな家を持っていたとしても、その芝生に寝転んだり、そこで家族や友人たちとBBQを楽しむ時間がなければ何にもならない。

_____僕はそんな当たり前のことに気づいたのだ。

 

もしも時間というものがないなら、いったい何のための芝刈り機なのか、いったい何のための庭付きの一戸建てなのか・・・

 

順番が逆だった。

まず、優先すべきなのかは時間だった。

 

時間もないのに「モノ」だけを取り揃えったって(そして、それを使用する時間もないんだったら)まったく意味がない。

まずは時間を確保しなくてはならない!

 

そのことに気づいた僕は自分がいかに自由な時間のない毎日を送っているかを痛感した。

スポンサーリンク

 

僕が不動産の道に進んだ理由も「時間」だった

僕はサラリーマンとして、朝から晩まで馬車馬ように働き、消耗しきっていた。

ストレスが原因の自律神経失調症にもなった。

 

そんな目に遭ってまでなぜ働く必要があるのだろうか。

僕は単なる働くだけの人間なのだろうか。

僕は仕事をするためだけに生まれてきたのだろうか。

 

いや、違う!

 

『時間がある』ということは普通のことなのだ。

極めて自然なことだ。

 

時間がないことの方が異常なことなのだ。

ちっとも人間らしくない。

 

僕はそんな人間らしくない生活にほとほと嫌気がさしていた。

だから自由な時間を確保できる道を模索したのだ。

 

その暗中模索の中で僕は不動産投資というものと出会った。

不動産オーナーになって、不労所得が得られれば自由な時間が得られることを知った。

 

だから僕はその方向へ向かっていった。

スポンサーリンク

 

どうやったら時間をつくり出すことができるかを考えろ

もしも自分の自由にできる時間がないのだとしたら、「何かがおかしいぞ…」と思わなければいけない。

人間には時間というものが必要なのだ。

 

時間というものがなければ、人間は窮屈で行き詰まってしまう。

だから、みなさんは『どうやったら時間というものを作り出すことができるか』ということを真剣に考えなければならない!

 

もしもそれができなければ、気づいたときには死の床という状況にもなりかねない。

人生はきっとあっという間だ。

 

家族と過ごす時間や、自分の好きなことをする時間なんてほんの一瞬しかないのだ。

その大切な時間を本当に会社に捧げてしまっていいのだろうか?

 

人は時間のことなんか考えたりしない。

その代わり、お金のことは四六時中考えている。

 

お金は再生可能だし、取り戻すこともできる。

でも時間はそういうわけにはいかない。

 

24時間が経過したということは、『残りの人生の時間の24時間分が消えてしまった』ということだ。

時間は有限なんだ。

 

刻一刻とそれは減ってゆく。

そして、それはもう二度と取り戻すことができないんだ…

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.