【自分第一主義でいこう!】 自分を喜ばせることに一生懸命になった方がトクをする法則

2019年5月15日

この年齢になって(もう僕は40代半ばだ)、「いちばん間違ってなかったな」と思うことがひとつだけある。それは、自分に正直だった!ということだ。

たとえ「自分勝手」と言われようが、「わがまま」と言われようが、「自分のことしか考えてない」と言われようが、自分に正直でいることって僕はスゴく大事なことだと思っている。

 

ところが、多くの人が自分に正直に生きることをよくないことだと捉えているように僕の目には見える。自分軸ではなくて、他人軸で生きている人があまりにも多いような気がする。そして、そのことが原因で随分、チャンスを逃し、損をしている人があまりにも多いような気がする。

日本人はとにかくまわりの目をやたら気にする・・・赤信号、みんなで渡れば怖くない。出る杭は打たれる。向こう三軒両隣。etc・・・日本人はとにかく他と違うことを極端に恐れる。

 

みんなと一緒だと安心する。「それが日本人の良いところなんだ」という意見もある。でも僕はそういう価値観があまり好きではない。僕のこれまでの人生はそういった日本的価値観(同調圧力と呼んでもいいかもしれない)の闘いの連続だったような気がする。

関連記事

スポンサーリンク

自分を喜ばせるためにエネルギーを使おう

考えてもみてほしい。僕は38歳の時に脱サラ・起業したのだ。それがいかに大変な決断だったかわかってもらえるだろうか・・・? 「フリーランス」とか「個人事業主」とかといえば聞こえはいいだろう。しかし、それは会社という後ろ盾を失い、給料やボーナスのある世界からドロップアウトするということなのだ。

みなさんのまわりでそういう道を選択した人はほとんどいないはずだ。日本は世界でいちばん起業する人の数が少ないことで有名な国だ。逆に言えば、それだけサラリーマンの数が多い国なのだ。

 

マジョリティーは、安心。マイノリティーは、不安。とにかく『みんなと違う行動をする』というのはこの国に生きる大多数の人のアイデンティティになっているのである。でも大多数の中にいるからといって、必ずしもハッピーになれるというわけではない。

たくさんの乗客たちと乗った大きな船よりも、小さな小舟の方が航海を楽しめるということもあるのだ。自分のことをいちばんよくわかっているのは自分自身である。

 

本当は何がしたいのか? 本当はどんなふうに生きたいのか? 本当は何をしている時がいちばん嬉しいのか? 本当はどんな服を着たいのか? 本当はどんな人と一緒にいたいのか? etc・・・心の中を覗きこみさえすれば、その答えはすぐに見つかるはずだ。

それなのに、まわりの目ばかりを気にして、『本当の自分』に目をつぶって生きている・・・もうこれから先は他人を喜ばせることにエネルギーを注ぐのではなく、自分を喜ばせることにエネルギーを注いでみたらどうだろうか!

 

他人に気をつかうのはもうやめよう。もう少し、自分に気をつかってあげよう。所詮、他人のことなんかわからないのだ。どんなに他人に気をつかい、どんなに他人のために尽くしたとしても、それが報われるという保証はどこにもない。

せっかく他人のために一生懸命になったとしても、それが「まったくの無駄だった・・・」ということも往往にしてあるのだ。いや、それどころか、こちらが一生懸命になればなるほど、『ウザイ』なんて言われたりなんかもする。

そんな理不尽な目に遭ってまで他人軸で生きる必要なんかない!

関連記事

僕は自分の心の叫び声を聞いた

人間関係で悩んでいる人の多くは真面目な人だ。真面目で、責任感が強くて、キチッとしている人だ。ちゃんと空気を読むことができて、大人としての対応ができる人だ。子供のように駄々をこねることもなく、我慢のできる人だ。

非常に謙虚で、律儀で、ピュアな人だ。しかし、そういうキャラゆえの苦悩というものもある。僕も昔、そういうキャラだった。僕はクソがつくほど真面目だった。そして、いつも人のことばかり気にしていた。

 

人に気をつかい、人の機嫌ばかりを取っていた。自分のことは二の次三の次にし、いつも他の人のことを優先させてばかりいた。なるべく自己主張をしないようにし、他人の意見に賛同してばかりいた。そういうふうにして他人に合わせて生きることがアイデンティティのすべてだった。

そうやってなるべく波風を立てないで生きてゆくことがいいコトなんだと信じて疑わなかった。

 

親も学校の先生も、会社の上司もそういう僕の側面をホメてくれた。そういうキャラで生きることが幸せに直結するものなのだと思い込んでいた。しかし、それは大きな間違いだった!

それは本当の僕ではなかった。僕は自分に素直になってなかった。本当の自分と向き合ってなかった。僕はいつも人の顔色ばかりをうかがい、自分の意見を引っ込め、ビクビクしてばかりいた。

 

本当は僕は豪快な人間になりたかったのだ。本当は「あらよっと!」といった感じの大胆な人間になりたかった。ガハハハ!と高笑いをして、大声で話したりできる器の大きな人間になりたかった。

わがままな人間。自分勝手な人間。テキトーな人間。無責任な人間。etc・・・でも僕は自分の中にあるそういった要素を「なかったことにしよう・・・」としてばかりいた。心の奥底の秘密の部屋にそういった自分を閉じ込め、鍵をかけた。

 

しばらくはそれでうまくいった。だけど、その部屋の中からは毎日、「助けてくれ〜!」「ここから出してくれ〜!」と叫び声が聞こえた。

僕は耳を塞いだ。聞こえないフリをした。誰かから「何か今、聞こえなかった?」と聞かれても、「え? 気のせいじゃない?」と言ってごまかした・・・しかし、その叫び声は日に日に大きくなっていった。

 

次第にごまかしが効かなくなり、日常生活にも支障をきたすようになっていった。そしてある日、本当の自分はその秘密の部屋のドアを蹴破り、外へ飛び出してきた。

関連記事

スポンサーリンク

 

自分に素直になったら人生は好転した

でも、それは僕の人生を変える素晴らしい出来事になった。僕はそれ以来、本当の自分を押し殺して生きるのをやめた。その結果、僕は自由と幸せを手に入れることができた。その方向転換が僕の人生を好転させるきっかけになったのだ!

それ以来、僕はもう他人軸で生きるのをやめた。「これからは自分軸で生きよう!」と心に決めた。これからは思う存分、わがままに、自分勝手に、テキトーに、無責任になってやろうと思った。

 

僕は38歳のときにサラリーマンをやめた。不動産投資というものをはじめ、大家さんとして生きることにしたのだ。この国において会社員という安定したキャリアを捨てて、事業収入だけで生きてゆくことを選択するということは並大抵のことではなかった。

何と言っても、日本は世界で最も起業する人の数が少ない国なのだ。そんな中で、みんなと違う行動を取るということはかなり勇気のいることだった。個人事業主であれ、法人であれ、とにかく『自分で商売をやってメシを食ってゆく』という発想そのものが日本人にはないのだ。

 

「お前はバカか?」

「自殺行為だ!」

「家族を路頭に迷わせる気か!」

「あまりにもリスクを大きすぎる」

「まともじゃない」

「アタマが悪すぎる」

etc・・・

たくさんの人からいろんなことを言われた。しかし、僕はそういったまわりの声に惑わされることはなかった。もう他人軸で生きるのをやめたのだ。これからは自分の声に従って生きるのだ。

 

自分に素直に生きるのだ!

本当の自分は僕に語りかけていた・・・やりたいことをやれ! 好き勝手に自由に生きろ! まわりの目なんか気にするな! 自分の欲するがままの方向へ進め! etc・・・と。

だから僕はその声に従った。そしたら、人生すべてがうまくいくようになったのだ! やりたいことはやって、やりたくないことをやめていいのだ。会いたい人にだけ会って、会いたくない人には会わなくていいのだ。好きな服を着て、好きな髪型にしていいのだ。

 

好きなことを仕事にしていいのだ。嫌いな仕事はとっとと辞めてもいいのだ。「嫌だな」と思うことはやらなくていいのだ。etc・・・僕は生まれてはじめてそういう風にやってもいいんだということを知った。

そういう風にやった方が物事というのはうまくいくのだということを知った。

関連記事

自分を偽って生きてる人は誠実な人ではない

それまでの僕は自分で自分にブレーキをかけていただけだった。「ここから先に進んではダメ!」といった具合に自分で自分に限界を設けていただけだった。自分に『許可』を出していなかった。

でも、よく考えたらおかしな話だ!

 

どうして僕がサラリーマンを辞めちゃいけないんだろう? どうして僕が自分で事業をやっちゃいけないんだろう? どうして僕が不動産投資をやっちゃいけないんだろう? どうして僕が銀行から何億円という借金をしちゃいけないんだろう? どうして僕がわがままに、自分勝手に、テキトーに、無責任になっちゃいけないんだろう? etc・・

 

本当は誰も禁止なんかしていなかった。本当は僕を縛りつけているものなんて何もなかった。僕は鎖になんか繋がれていないし、牢屋になんか入れられていなかった。ただただ自分でそう思い込んでいるだけだった。

自分で自分に許可を出していないだけだった。自分で自分のまわりに壁を建設し、「オレは壁に囲まれてる・・・」と被害妄想になっていただけだった。本当は僕は最初から自由だったし、これからも自由に生きても良かったのだ!

 

なんでこんなカンタンなことに気づかなかったんだろう? なんで他人の目ばかりを気にして自分の声に耳を傾けなかったんだろう?

結局のところ、僕は怖かったんだと思う。臆病だったんだと思う。ビビっていたんだと思う。だって『自分』を前面に押し出せば、必ず反発が来るから。

誹謗中傷されるから。足を引っ張られるから。孤独になるから。笑われるから。出る杭は打たれるから。etc・・・だから僕は大人しくしていようと思ったんだと思う。なるべく目立たないように。なるべく波風を立てないように。

 

でも・・・でも、それじゃやっぱりハッピーになれない!

どんなに怖くても、どんなにひとりぼっちになっても、どんなに誹謗中傷されても、どんなに笑われても、やっぱり自分の心に正直に生きなくちゃ!

 

自分を前に押し出すと、いろいろ大変な目にも遭うかもしれない。だけど、他人軸で生きたって良いことなんか一つもないのだ。誰かを気持ちよくさせて何が楽しい? やっぱり自分が楽しくならなくっちゃ! 自分がハッピーにならなくっちゃ!

どんなに後ろ指をさされたとしても。どんなに親を泣かせたとしても。どんなに人から「そんな人だと思わなかった」と言われたとしても。etc・・・やっぱり自分に正直に生きた方が幸せに生きられると思う。他人を喜ばせる人生よりも、自分を喜ばせて生きた方が有意義な人生を送れると思う。

 

『自分のことしか考えてない』『わがままだ』『自分勝手だ』『無責任だ』って人から言われる人って実はいちばん誠実な人なんじゃないだろうか?

どんなに人から「真面目だ」と言われていたとしても、自分を偽って生きてる人って誠実な人とは言えないのではないだろうか?

関連記事

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

↓ランキングに参加しています! よろしければ応援クリックお願いします🤗

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

金融・投資ランキング