不動産投資で成功したいのなら、『勤め人』という肩書きを最大限に利用しよう!という話

2019年6月30日

不動産投資でいずれはセミリタイアしたいけど、勤め人を辞めない方がいいのだろうかと悩んでる人はいませんか?

本記事ではそんな人のために不動産投資と勤め人でいることの関係について解説しています。

 

Left Caption

ハルキ

今、現在勤め人の立場にいる人、必見です!

スポンサーリンク

自分の失敗を投資法のせいにしてはいけない

「私は不動産投資をやって儲からなかった。だから不動産投資は儲からない」というロジックの人いるよね。

それは不動産投資が悪いのではなく、悪い投資をした(悪い物件を取得してしまった)人が悪いんであって、不動産投資が悪いわけじゃないよね・・・

 

株式投資で失敗した人は株式投資のことを悪く言います。

不動産投資で失敗した人は不動産投資のことを悪く言います。

 

投資法の良し悪しの問題じゃなくて、「投資対象(物件なり、銘柄なり)をどんなものを選びましたか?」の目利きの問題だよね。

ここをごっちゃにしている人があまりにも多すぎる。

 

今回のレオ○の件や、かぼち○の件にしたってそうだよ。

 

Left Caption

ハルキ

自分の失敗を不動産投資という投資法やアパート経営という商売のせいにしないでほしいよね。

 

関連記事

 

『勤め人』というリソースを利用しよう!

 

不動産投資では「銀行からお金を借りられるの?」が最重要事項。

だから『属性』が大事になってくる。

僕は若い人には『会社に入社したら10年は勤めろ!』と説いている。

それは会社のためではなく、自分のためにそうすべきなんだ。

散々、自由を語ってる僕がこんなことを言うのはヘンかもしれないだけど、僕はイケハヤ氏みたいに勤め人を『否定』しません。

勤め人を『利用』します。

やっぱり勤め人という肩書きと信用力はデカイよ。

曲がりなりにもその肩書きを得てる人は、それだけアドバンテージがあるということだ。

はっきり言って銀行は無職の人や個人事業主にはお金を貸したがらないからね。

その辺はすごくシビアだ。

東証一部上場企業じゃなくてもいいのさ。

そこそこの会社でもいい。

とにかく『銀行の審査』という関所を突破しなくちゃいけない。

そのためには勤め人という肩書きが必要なのさ。

ただそれだけのこと。

良いとか悪いとかの問題じゃないんだ。

極めて技術的・手続き的な話なんだ。

簡単に会社を辞めてしまう人はその辺のことをわかっていない。

感情に任せて動いてしまったら、大金持ちになるチャンスも、自由になるチャンスも消失してしまうんだよ・・・

自由になるのはきっちり土台を固めて、大空へ飛び立ったあとの話。

それまでは『下積み』よ!

ただ、いくらでも銀行から融資してもらえる高属性なのに、アンチ不動産投資の人が多いのも事実。

Left Caption

ハルキ

そういう人も見るたびに僕は「勿体無いなぁ」「使えるリソースがあるのになぁ…」と思うよ。

関連記事

不動産投資はこちらの知恵や工夫で投資結果をコントロールすることができる

不動産投資の面白いところは自分で投資リターンそのものを変化させることができることだよね。

そんなことできる投資法って他にないんじゃないかな。

 

例えばリノベーション。

何もしなければ、

 

・3万円×6室×12ヶ月=216万円

 

ところがリノベすると、

 

・3.5万円×6室×12ヶ月=252万円

 

これで年間36万円の差額を生み出すことができる。

その差額が2年、3年……と続いてゆく。

トータルで考えたらかなり大きいよね。

 

もちろんリノベにはお金がかかるよ。

だから年間36万円のアップと、リノベにかかる工事費用。

この2つを計りにかけて考える必要がある。

 

もしも売却時に利回り10%で得ることができれば『360万円』の回収ができる。

360万円以下でリノベができればその差は儲けとなる。

それ以上で売れればさらに儲けとなる。

 

やっぱり、こんなふうに自分でコントロールできる投資法って、そうそうないんじゃないかな。

リフォーム時に重要なのは『やる価値ある?』ということの見極め。

 

キレイにすれば賃料をアップしても部屋がすぐ決まるのならやるべき。

でも世の中には「とにかく安い賃料の部屋を!」というニーズも間違いなくあることだけは覚えておこう。

 

Left Caption

ハルキ

そういう層の人たちは別に部屋のグレードの高さは望んでいないよ。それよりも家賃の低さを望んでいるよ。

 

 

関連記事

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

↓ランキングに参加しています! よろしければ応援クリックお願いします🤗

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

金融・投資ランキング