不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

【あなたはどっちを選ぶ?】 資本主義社会を賢く生き延びるための2種類の選択肢について

2018/06/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

お金はお金を持っている人のところに集まる

____これは僕が40数年間生きてきてたどり着いたひとつの結論である。

 

この世はちっとも公平なんかじゃない。

むしろ、この世は不公平な世の中である。

 

お金を持っている人はいい想いができる。

貧乏な人はちっともいい想いができない。

お金持ちのところには、いい儲け話が次から次へと舞い込んでくる。

だからお金持ちは世の中には決して出ることのない「おいしい情報」をいち早くゲットすることができる。

 

お金持ちは税金面でも優遇されている。

大金持ちになればなるほど、さまざまな税の優遇措置を受けることができる。

本来であれば莫大な税金を納めなければならないのに、ケイマン諸島などのタックス・ヘイブンを利用すれば、合法的に租税を回避することもできる。

 

法人を使えば、さらに税金面で有利だ。

法人では個人では決して認められていない部分まで控除の対象となっている。

 

おまけに個人は累進課税なのに対して、法人は一律課税だ。

個人は所得が多くなればなるほど税率が高くなる。

しかし法人はどんなに儲かっても課せられる税金の率は一律なのだ!

 

しかもおもしろいことに(いや、全然笑いごとではないのだが)、その法人税を「もっと下げよう!」という動きまで出てきている。

しかも、その法人税減税を「法人税減税? 別にいいんじゃね?」といった具合に支持しているのは、個人の人たちだ。

 

本来であれば彼らは真っ先に反対に回らなきゃいけないはずなのに・・・

まさにパラドックスだ!

 

この世はお金持ち天国なのだ。

お金持ちにとってまさに地上の楽園が我々が生きているこの世界なのだ。

 

スポンサーリンク

なぜこんなことになってしまったのだろうか?

なぜこの世は一部のお金持ちだけがいい想いができるようになってしまったのだろうか?

なぜお金持ちは税金面やその他の部分で圧倒的に優遇されているのだろうか?

____その答えはいたってカンタンだ。

 

それは、この世の中が『資本主義』の世の中だからだ!!

 

資本主義の世の中というのは、ズバリ言ってしまえば「金持ち優遇の世の中」ということだ。

資本主義の社会では金を持っている者が偉く、尊ばれる。

金持ちであればあるほど有利で、トクをする。

資本主義のシステムそのものがそのような仕組みになっているのだ!

 

僕のブログを読んでくれてる読者のみなさんの中にも、きっとこの資本主義社会のシステムの犠牲者になっておられる方がたくさんいらっしゃるはずだ。

この仕組みのおかげでトタンの苦しみを味わっていらっしゃる方がたくさんいらっしゃるはずだ。

「なんでオレはこんなに頑張ってるのに、ちっともお金持ちになれないんだろう・・・」という疑問を持っておられる方もたくさんいらっしゃるはずだ。

 

なぜ朝から晩まで会社のために真面目に働いてるオレたちよりも億万長者たちが払う税金の方が少ないのだろう?

なぜオレたちが血眼になって「いい投資先がないか?」と必死で探している横で、お金持ちの元には次から次へとおいしい投資話が舞い込んでくるのだろう?

____その疑問は尽きないはずだ。

 

そのほとんどの答えが『この世は資本主義の世の中だから』という一言で片づく。

 

こんな不条理なことってあるだろうか?

こんなおかしなことってあるだろうか?

こんな矛盾、許されていいんだろうか?

 

回避する方法は2つある。

 

1つ目の方法は、資本主義とはまったく違う社会システムを構築することである。

 

かつて、『チェ・ゲバラ』という名前の若者がいた。

フィデル・カストロらと共に貧しい農民たちを助けるために立ち上がり、本当にキューバ革命を成し遂げてしまった伝説的な人物である。

みなさんも名前くらいは聞いたことがあるだろう。

 

彼が実現しようとしたことは何か?

それは突き詰めて考えれば、こういうことだ____

 

『偉そうにふんぞり返っている太った金持ち連中からカネをぶん取り、飢えに苦しんでる子供たちや貧困にあえぐ人々に分け与える』

 

社会主義・共産主義革命とはカンタンに言ってしまえば、そういう考えをベースにして起こされたムーヴメントだった。

しかしながら、ご存知のとおりその理想はついに実現されることはなかった。

 

チェ・ゲバラたちが成し遂げようとした革命はキューバという小さい国では成功したかもしれないが、世界的規模では成功しなかった。

そして、ゲバラは資本主義の象徴の国、アメリカによって暗殺された。

そして、1989年にはベルリンの壁が崩壊し、1991年にはソ連という国も消滅した。

 

フタを開けてみれば、結果は資本主義の圧勝に終わった・・・

 

みなさんがなぜ今こんなにお金のことで悩み、苦しんでいるのか?

そのこととチェ・ゲバラの死とのあいだには関連性がある。

究極的な言い方をすれば、ここでチェ・ゲバラが資本主義陣営に殺されたことがみなさんのお金の問題を生み出したのである!

 

もしゲバラが生きていたら、世の中はきっと大きく変わっていたことだろう。

少なくとも世界は現在のような惨状にはなっていなかったはずだ。

 

チェ・ゲバラは絶対にタックス・ヘイブンなんてものは許さなかったはずだ。

腹を空かせた子供たちがバタバタ飢えに苦しんでる横で、億万長者がバスキアの絵を何百億円で落札するなんてマネは絶対にさせなかったはずだ。

 

おそらくゲバラなら貧しい農民たちや虐げられた人々と共に汗を流し、すべての人が平等に暮らせる社会を作りあげようと必死に努力したことだろう。

しかし残念ながらゲバラはこの世を去ってしまった。

彼が銃弾に倒れたのは1967年のことだ・・・

 

みなさんが今、抱えている問題と、チェ・ゲバラという若者の死は実は深いところでつながっている。

だから、もしみなさんが抱えている問題を解決する方法の一つとして「チェ・ゲバラが実現しようとした社会をもう一度目指す」という方法もある。

それも一つの方法だ。

 

日本にも(そして世界のあちこちにも)、「そういう世界を目指そう!」と主張している政党はある。

そして、そういう考え方をする支持する層というのは、ある一定数の割合でいる。

 

ところが全体から見ればその数は圧倒的に少ない。

なぜ少ないのか?

なぜ多くの人はチェ・ゲバラの考えに賛同しないのか?

なぜチェ・ゲバラが理想とした社会を目指そうとしないのか?

_____この答えもカンタンだ。

 

みんな何だかんだ言って、資本主義の世の中の方がいいと思っているからだ。

 

社会主義・共産主義の世の中よりも、資本主義の世の中の方がまだマシだ

社会主義・共産主義の社会よりも、資本主義の社会の方がハッピーに生きられる

_____本気でそう思っているからだ。

 

やっぱりここでも社会主義・共産主義は敗北を喫し、資本主義が勝利を収めるのである。

自分たちが資本主義のシステムによってどんなに苦しめられていたとしても、彼らは資本主義を支持する側に回るのである。

お金持ちがいい想いをする世の中の方が「まだマシだ!」と考えるのである。

 

オーケー。

それはいいだろう。

人間には選択の自由というものが与えられている。

資本主義がそんなに好きなら、資本主義を支持すればいい。

そして、資本主義を擁護する政党に投票し続ければいい。

 

「自分は資本主義の世の中の方がうまくやれる」「資本主義の世の中の方がハッピーに生きられる」というのなら、そっちを選択すればいい。

 

ただし!

ただし、資本主義を選択するということは資本主義のルールに則って生きるということである。

金持ち優遇の世の中を支持するということである。

 

オーケー。

いいだろう。

そういう選択をするのもアリだ。

ただし、そういう選択をした以上、『背負わなければならない宿命』というものがあるというだけは肝に銘じておこう。

 

資本主義は厳しい。

激しい競争を強いられ、搾取の構造の中に身を投じなければならない社会だ。

優勝劣敗。

弱肉強食。

勝てば官軍、負ければ賊軍。

etc・・・

そこでノシてゆくのは、なかなか大変なことだ。

_____そのことだけは憶えておこう。

 

もう1つの方法はいたって単純明快である。

あまりにも単純過ぎて拍子抜けしてしまうほどだ。

それは何か?

 

それはカンタンに言ってしまえば、こういうことだ・・・

 

『資本主義のルールに則り、どうにかして資本主義のシステムを利用し、トクをする側にまわる』

_____こっちの方が現実的かもしれない。

 

資本主義はいろいろと問題を多く含む欠陥だらけの社会制度だと思う。

理不尽だし、冷酷だし、そこでノシてゆくのは並大抵のことではない。

しかしながら、今さら社会主義・共産主義革命の理想を追いかけても仕方ないんじゃないかとも思う。

 

「ブクブクに太り、偉そうにふんぞり返ったジジイから金をぶんどり、飢えに苦しむ子どもに分け与えるんだ!」という思想は僕にもよく理解できる。

僕はリベラルな人間だから、どっちかと言うとそっちの考え方に近い。

しかし、だからと言って資本主義の世の中で損をする側にも回りたくもない。

 

人間とは本当に欲深い生き物である。

そして矛盾をいっぱい抱えた生き物である。

僕とてそれは例外ではない。

 

社会主義・共産主義というイデオロギーにも良いところもいっぱいあるかもしれない。

だけど、資本主義にも資本主義なりの良いところも間違いなくいっぱいあるのだ。

 

あとはその資本主義の良いところを自分の人生の中に取り入れて、少しでも自分の人生を有利な方へ持っていけるかどうか?だ。

要するに、何とか資本主義の世の中をハッピーに泳いでいければ、それでいいのだ!

 

ただし、資本主義の世の中は勝者の論理で成り立ってるということだけは忘れてはいけない。

勝つための競争は熾烈を極める。

その中で果たしてみなさんが(あるいは僕が)勝者の側に回ることができるかどうか・・・それは誰にも分からない。

 

社会主義・共産主義の理想が本当に実現したら、すべての人が平等な社会が訪れる。

そこには競争もなく、勝者もいなく、敗者もいない。

リストラもなければ、勤めている会社が倒産することもない。

年金や医療、介護、教育、etc・・・ありとあらゆることはすべて社会が面倒をみてくれる。

 

だから労働者は安心して仕事に精を出すことができる。

ごく一部の金持ちだけがおいしい想いをする、という矛盾に満ちた不条理な社会ではない。

 

でも人間社会はそちらの方を選択しなかった。

人間社会は勝者と敗者がきっちりと分かれる資本主義の方を選択した。

だとしたら、もう泣き言は言ってはいけない!

「この世は資本主義社会なんだ」ということをきっちりと腹の底に受け止め、生きていかなければならない。

 

みなさんも日々、生きてゆくなかで、

『お金さえあれば、いろんなことが解決するのになぁ・・・』

_____と考えたことがあるはずだ。

 

そう!

これこそが資本主義社会だ。

資本主義の世の中でもっとも重要なことは、『おカネ』なのである。

『ゼニ』なのである。

『マネー』なのである。

 

だったら話はカンタンだ。

もう答えは出ているではないか。

みなさんが抱えている不安、悩み、苦しみ、そして恐怖・・・

 

それらを一気に解決するためには、お金を稼げばいいのだ!!!

お金を手にしさえすれば、すべてが万事うまくいくのだ!!!

 

良かったじゃないか。

答えがわかって・・・。

 

しかし、何か釈然としない。

どこかモヤモヤしたものが残る。

そのモヤモヤの正体はいったい何だろう?

 

チェ・ゲバラは本当に間違っていたのだろうか?

彼が目指した理想の社会は、実現不可能な絵空事だったのだろうか?

本当に資本主義は正しいのだろうか?

本当にブタみたいにブクブクふとった億万長者たちがシャンペン三昧の日々を送っている横で、今夜のごはんにもありつけない子供たちがバタバタと死んでゆく世の中の方がいいのだろうか?

_____僕は毎日考える。

 

いまだに答えは出ていない。

僕もまた、「矛盾」と「不条理」をいっぱい抱えたひとりの男なのだ。

 

僕の場合は、『不動産投資』というものを使うという方法を発見した。

もう1つは『法人』というものを使う方法を発見した。

この2つが僕にとっての厳しい資本主義社会をサヴァイヴするための剣と盾である。

 

みなさんもみなさんなりの剣と盾を見つけなければならない。

そして、弱肉強食・優勝劣敗の資本主義の世の中を生き延びていかなければならない。

 

でもそれはカンタンなことではない。

社会主義・共産主義社会を実現することもカンタンなことではないかもしれないが、資本主義社会で生き延び、有利な立ち位置をキープし続けることもカンタンなことではない。

 

さて、皆さんはどうする・・・?

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.