不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

あなたの夢が叶わない理由はコレかもしれない!欲しいものを手に入れるためにやっておくべき秘訣を大公開

2018/06/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

みなさんは求めているものがなかなか手に入らなくてイライラしたりしていませんか?

 

僕は今でこそ自由でハッピーな毎日を送っていますが、サラリーマンをしていた頃はストレスいっぱいの悶々とした日々を過ごしてばかりいました。

なぜ僕はそんなに悶々としていたのか?

 

それは、現状が自分が理想としていたものに追いついていないからです。

 

だから僕はそこからいろいろ考えました。

そして、ある一つの結論に到達しました。

 

それは自分が欲しくないと思っているもの、マイナスやネガティブなものも受け取る覚悟を決めるということです。

 

物事には必ず「いい面」と「悪い面」があります。

「いい面」を受け取ろうと思うと、必ずそれに付随するかたちで「悪い面」もついてきちゃうものです。

 

でもそれを受け入れなければ、「いい面」も受け取れない。

 

____僕はその法則に気づいたのです!

 

今回はそんな僕の気づきについていろいろと書いてみました。

夢を追いかけているドリーマーのみなさん、今の現状に不満を抱いている人などにぜひ読んでもらいたい記事になったと思います。

 

スポンサーリンク

あなたにとっての「ハッピー!」ってどんな状態ですか?

楽しそうに笑顔で歩いている可愛い老夫婦

「わがまま」と言われようが、「常識ない」と言われようが、「自分勝手だ」と言われようが、とにかく僕は自分の好きな道を選択して好きなように生きてきました。

 

そのせいでまわりには随分迷惑をかけたり、心配をかけたりしたかもしれませんが、とにかく僕は好き勝手な人生を送ってきました。

 

僕は38歳の時に脱サラして事業家になりました。

その後、自分の会社を作り、今、40代の半ばになろうとしています。

 

今、僕は毎日ハッピーな毎日を送っています。

40代半ばにしてこんなに自由でハッピーな毎日を送れているなんて、なんだか夢のようです。

 

あなたは今、何を求めているでしょうか?

自分の人生をどんな風にしたいと考えているでしょうか?

 

あなたの夢はなんですか?

あなたがいちばんハッピーだと感じる時ってどんな状態にいる時でしょうか?

 

今度機会があったらそのことについて真剣に考えてみてほしい。

別に僕みたいに「脱サラする」とか「事業家になる」とか「会社をつくる」といったような大きなことじゃなくても構わないんです。

 

猫を飼う、海外旅行に行く、まわりからチヤホヤされる、出世する、ダイエットする、禁煙する、etc・・・

 

____なんでもいいのです。

 

とにかく、「こうなればいいな」「ああなればいいな」と思えるものを自分の中できちんと把握しておく。

 

すべてはそこから始まります!

 

そしてその自分をハッピーにしてくれるものを手に入れるためには『何をしなければいけないのか?』ということを考えてみてください。

 

僕の場合だったら、会社に縛られないで生きようと思っていましたから、会社からの給料がなくなっても生きているように自分でお金を稼ぐ術を身につけなければなりませんでした。

それは僕の場合、『不動産投資』と『ネット収入』が稼ぐ術でした。

 

不動産投資をするためには家賃収入をもたらしてくれる物件を手に入れなければなりません。

そのためには銀行から何千万円という借金をする必要がありました。

 

ネット収入を得るためにはブログを作り、そのブログが多くの読者を惹きつけるような魅力的なブログにしなければなりません。

そのためには時間と労力をかけて魅力的なブログを作り上げる必要がありました。

 

ダイエットを成功させるためには運動をしたり、食事制限をしなければいけません。

禁煙を成功させたかったら、タバコを吸うのを我慢しなければなりません。
何かを手に入れようと思ったら、それなりの代償というものを差し出さなければならないのです。

 

タダでなんでも手に入ると思ったら大間違い!

 

ところがこの『代償を払う』という行為を自ら進んでやる人はあまりいません。

ほとんどの人はこういったリスクを避けて通る生き方をします。

 

だからいつまで経っても自分の望んでいるものが手に入らないのです。

 

「栄光」は「恐怖」の先にある

コンクリートの壁をグーで殴ってぶち破っているサラリーマン

僕が選んだ『脱サラ起業する』という道はあまり人が選ばない選択でした。

人があまり通らないような道でした。

 

あなたのまわりに会社を辞めて起業した人っています?

おそらくあまりいないのではないでしょうか。

 

サラリーマンの世界からドロップアウトするということは、とてもとても恐ろしいことでした。

それは恐怖以外の何ものでもありません。

 

だってそれはサラリーマンをしていれば享受できることを自らの手で放棄することだから。

 

毎月25日になったら振り込まれる給料、夏や冬に支給されるボーナス、社会的地位、世間体、人脈、肩書き、etc・・・

 

____そういったものをすべて失うことの切なさは、実際に脱サラして起業した人じゃなきゃわからないことだと思います。

 

それは身を切るような辛さであり、背筋が寒くなるような恐怖感です。

一歩間違ったら奈落の底に落ちてゆくのです。

 

そして『敗者復活』という概念があまりない日本のような社会では、一回でも堕ちてしまったらもう二度と這い上がることができないのです。

そんな想いまでしてわざわざ危ない橋を渡る人はいません。

 

いろいろ面白くないことはあるかもしれないけれど、我慢して会社勤めを続けていた方がまだマシだ!

 

____多くの人はそう考えるはずです。

 

でも自分の中から湧き上がってくる心の声に僕は従ったのです。

その声に従うことが答えであるような気がしたからです。

 

僕はあえて恐怖に飛び込みました。

リスクを自分から取りに行きました。

その決断は僕の人生の中で最も大きな決断でした。

 

その時、僕は38歳。

自分の中にまだそんな勇気が残っていたことが自分でも信じられませんでした。

 

僕が現在ストレスフリーなハッピーな毎日を送れているのはこの時の大きな決断があったおかげです。

 

____この貴重な経験から僕はある一つのとっても重要な学びを得ました。

 

「栄光」は「恐怖」の先にある

 

____ということです。

 

言い方を変えれば、「恐怖」の中に飛び込まなければ「栄光」を手に入れることはできないということです。

 

会社を辞める

→給料やボーナスのない世界に行く

→社会的地位を失う

→世間から白い目で見られる

→自分の才覚だけでお金を稼がなければならない

→自分の事業が失敗する→倒産する

→自己破産する

→巨額の借金を抱える

→家族を路頭に迷わす

→離婚する

→自殺する

→etc

 

こういったことを考えれば考えるほど、僕はいつも恐怖のどん底に突き落とされました。

 

これらのことを考えると、夜も眠れませんでした。

実際にあの頃、僕は不眠症に随分悩まされました。

 

本当に本当に怖った・・・

 

自信なんかどこにもありませんでした。

この恐怖は事業家になる道を選択した人なら誰もが経験することだと思います。

 

でも、この恐怖の先に僕が本当に欲しているものがあるということもわかっていました。

 

そして、ここを通り抜けなければそこに到達することができないということもわかっていました。

だから僕はその恐怖に飛び込んだのです。

 

あなたが最も受け取りたくないと思っているものの中に、あなたが欲しているものがある

何かを拒否しているメガネをかけたサラリーマン

あなたが欲しているもの・求めているものはあなたが最も拒否しているもの・恐れているものの中にある。

 

_____そう言ったら、あなたは驚くかもしれません。

 

でも40数年間生きてきて、僕はその驚愕の事実にたどり着きました。

 

あなたが今、「何か満たされていない」「何かうまくいってない」と感じているのは、もしかしたらあなたが何かを拒否しているからかもしれないのです。

何かを受け入れていないからかもしれないのです。

 

物事にはいい面と悪い面があります。

片方だけしか受け取りたくないというのは都合が良すぎるんです。

 

片方を受け取りたいのなら、もう片方も受け取る覚悟をしなければいけないのです。

 

まわりからチヤホヤされたいのなら、やっかみや嫉妬を受け入れる必要がある。

お金持ちになりたいんだったら、会社を辞めて事業家になるという恐怖を受け入れる必要がある。

好きな人と付き合いたいのだったら、フラれるかもしれないというリスクをおかして告白をしなければならない。

 

すべてにおいて物事というのは、そういう風に『対』になっているのではないでしょうか。

 

人生がうまくいってない人というのはきっと何かを拒否しているのです。

否定しているのです。

 

だから自分のところに入って来ないのです。

 

お金を攻撃したり、バカにしたりしている人でお金持ちになった人はいません。

お金を受け取るのを拒否しているわけですから、お金が入って来なくて当然なのです。

 

お金持ちになりたかったら、お金というものを好きになって、お金が入ってくることを拒否しないようにしなくてはいけません。

 

欲しいものを手に入れるためには、欲しくないものも付いてくることを覚悟しなければならない

腕まくりをして頑張るポーズをしている男性のイラスト

うちは最近、猫を飼いはじめました。

本当に可愛くて、家族全員毎日癒されています。

 

だけどご存じの通り、生き物を飼うということは並大抵のことではありません。

猫を飼うとなったらそれだけの大変さも同時に受け入れなければならないのです。

 

去勢手術にもお金がかかります。

エサも買ってあげなければなりません。

 

トイレもいつも清潔にしてあげなければなりません。

家族が猫アレルギーになるリスクも抱え込まなければなりません。

 

猫はすぐ熱中症になってしまうので、今まで必要なかったエアコンも取り付けなければなりません。

 

もう以前のように気軽に家族旅行にも行けなくなりました。

猫一匹飼うだけでもかなり大変です。

 

ただ単に「可愛い!」「癒される!」だけでは済まないのです。

 

でも、それやこれやも受け入れなければなりません。

それを受け入れなければ、猫を飼うことはできません。

 

猫を飼うことができなければ、猫を飼うことによる幸せも経験することができません。

 

すべては『対』になっているのです。

メリットを得ようと思ったら、デメリットも受け入れなければならないのです。

効果を得ようと思ったら、副作用も受け入れなければならないのです。

 

欲しいものを手に入れるためには欲しくないものが付いてくることも覚悟しなければいけないのです。

 

人生は時には「開き直り」も必要

楽しそうに踊っている三毛猫のイラスト

自分が求めているもの・欲しているものというのは、意外にも自分が嫌がっているもの・欲していないものの中にあったりするものです。

 

プラスとマイナスはワンセットなのです。

 

つまり、あなたがなかなか満たされないのは、マイナスを受け取ることを嫌がってばかりいるからなのです。

プラスを得たかったら、マイナスを受け取ることも恐れてはいけないのです。

 

そのマイナスの中にこそ、あなたが求めているものが隠れています。

物事というのはなぜかそういう風になっているんです。

 

だから、もしあなたがマイナスを受け取る覚悟ができたのならば、あなたがきっとプラスを手にすることができるでしょう。

「一方だけを受け取りたい!」なんて随分と虫のいい話なのです。

 

でも、それはもちろんカンタンなことではありません。

 

今までずっと拒否して避けてきたものなのに、急にそれを「受け取れ」「受け入れろ」と言ったってなかなかカンタンにはいかないかもしれません。

でもそれをやらなければ、あなたが本当に求めているものは手に入りません。

 

僕は最初はなかなかできませんでした。

 

だけど、ビクビクしながらも少しずつ試してみたのです。

そしたら物事は明らかに以前に比べて良くなっていきました。

 

いい意味での『開き直り』ですね。

 

僕はどんな時も楽しく笑っていたいと思っていました。

だから積極的にギャグを言ったりして、まわりにいる人を笑わせようと思いました。

 

でもそうすると当然、目立ちます。

目立つと、それを「おもしろくない」と思う人も出てきます。

 

だけど僕はそういう連中が出てきて、僕のことを睨みつけることを受け入れることにしました。

 

「まあ、そりゃそうだよな」「仕方ないっか!」といった具合にそういった連中の出現を受け取ってみることにしたのです。

 

そしたら、心がだいぶラクになりました。

 

まわりを気にせずに心置きなくギャグを言ったり、大声で笑ったりできるようになりました。

だって、それが僕が求めていることだったんだもん。

それが僕が欲していた状態だったんだもん。

 

それを手に入れることによってマイナスがついてきちゃうんだったら、それはそれで受け入れるしかないじゃん!

 

____僕はそう思ったのです。

 

マイナスを拒否してばかりいたら、いつまでたってもプラスは手に入らない

お金をなくして泣いてる茶色のスーツのサラリーマンのイラスト

脱サラ起業するという道を選べば、当然社会的地位を失うことになります。

 

もうサラリーマンではないのですから、給料もボーナスもありません。

「〇〇に勤めています」という肩書きを失うことになります。

 

昼間っから家にいるので、近所の奥さんたちから白い目で見られることになります。

人と違う生き方を選択するわけですから、当然マイノリティーとしての心細さを味わうことになります。

 

仕事で失敗しても全部自己責任です。

もう、かばってくれたり守ってくれたりする上司はいません。

 

その代わり、そこには圧倒的な自由があります。

 

満員電車に揺られることもありません。

社内のくだらない人間関係に巻き込まれることもありません。

 

行きたくもない飲み会に参加しなくてもいいし、接待なんかもありません。

 

サービス残業もないし、休日出勤もない。

すべてのスケジュールは全部自分で決めることができます。

 

心置きなく家族と自由で楽しい時間を過ごすことができます。

 

僕は自分で自分のことを『北海道でいちばん自由なパパ』だと思っているくらいです。

 

____要するにプラスを受け取るためには、マイナスも受け取らなきゃいけないということです。

 

マイナスを受け取るのをいつまでも拒否していたら、いつまでたってもプラスは手に入らないということです。

 

あなたは何を拒否していますか?

あなたはどんなことを受け入れたくないと感じていますか?

 

もしかしたら、そこにあなたが探し求めている答えがあるのかもしれませんよ。

 

傷つくことを恐れてばかりいると、どうなるのか?

グレーのスーツを着てため息をついている若いサラリーマンの男性

「孤独」に悩んでいる人は大勢います。

 

友だちがいても、友だちと一緒にいても、どこから孤独感を感じている人もいます。

そういう人というのは心のどこかで傷つくことを恐れていたりします。

 

人と出会い、人に傷つけられることを恐れているのです。

だから新しい出会いに消極的なのです。

 

孤独に苦しみながら、どこかで人と出会うことを拒否しているんです。

心のどこかで人を避けているんです。

 

だから、そういう人が孤独に苛まれるというのはある意味においては『必然』なのです。

 

物事には原因と結果の法則というものがあります。

今、僕らに起こっていることにはすべて何らか理由があるのです。

 

結果を「何とかしたい」と思っているのならば、まずは原因を突き止め、そこを改善しなければいけません。

そこを改善しないかぎり、結果は変わりません。

 

恐れを抱くことは何も悪いことではありません。

「恐怖」は自己防衛本能のひとつです。

 

人は恐怖という想いがあるから、まともな社会活動を営めるのです。

もしも恐怖がなかったら、大変です。

横断歩道を歩くこともできなかったでしょう。

 

しかし、その恐怖がその人の可能性や能力を妨げてしまっていることもたくさんあります。

だから僕たちはこの恐怖と上手に付き合ってゆく必要があるのです。

 

失敗したくないと怖がれば怖がるほど成功も遠のいてゆくのはなぜか?

困った顔をして顔にパックをしている長い髪の女性のイラスト

不動産投資は何千万円も、何億円も借金をする投資法です。

それはある人から見れば、かなり恐ろしい投資法だと思います。

 

しかし、現金で購入するわけではないのなら、どうしても不動産投資をやる人は銀行からお金を借りて物件を取得することになります。

 

普段から「借金なんて絶対にしたくない」「絶対にお金は損したくなくない」と頑なに思ってる人は絶対に銀行から何千万円も何億円も借金したりはしないでしょう。

 

だからそういう人は不動産投資はできません。

何か別の方法で自己実現を図るより他に手はないのです。

 

僕は不動産投資をやって良かったと心の底から思っています。

現在僕は家族と毎日、自由にハッピーに暮らしていますが、これはすべて不動産投資をやったおかげで手に入れることができたものです。

 

これは不動産投資を実際にやらなければ絶対に手に入れることのできないものなのです。

しかし、不動産投資やアパート経営で失敗する人が後をたたないのも、また事実。

 

多額の借金を抱えて自己破産する人や自殺する人がたくさんいます。

おっかないものです。

カンタンではありません。

 

しかし、その「おっかない」「カンタンじゃない」ものをやらないと手に入らないものもある。

 

_____これっていろんなものに置き換えて考えることができるのではないでしょうか。

 

「失敗は嫌だ」

「笑われたくない」

「嫌われたくない」

「損したくない」

「バカにされたくない」

etc

 

そう思えば思うほど、成功はどんどん遠のいてゆく。

手に入らないものがどんどん増えてゆく。

 

____僕は人生の途中でこのことに気づいたのです。

 

あなたはどこかで決断しなければならないのです。

 

  1. 無難な人生を歩むけど、自分の本当に望んでいるものが手に入らない人生
  2. いろいろ大変な目には遭うけれど、自分の本当に望んでいるものが手に入る(かもしれない)人生

 

____さて、あなたはそのどちらを選ぶでしょうか?

 

僕は後者を選びました。

その結果、今、とても幸せな毎日を送ることができています。

 

まとめ

草原で寝転んで笑っている青いチェックの服の赤ちゃん

いかがでしたでしょうか。

 

今回は「求めているものがなかなか手に入らない…」という悩みを抱えている人のために僕が考える『自分が欲しているものを手に入れることができる方法』について書いてみました。

 

今回の記事をまとめると次のようになります。

 

 

____人はそれぞれ夢や目標というものを持っています。

「ああなったらいいな」「こうなったらいいな」というものを持っています。

 

だけど、それらのことはなかなか手に入れることができません。

そこにはいろいろな理由があると思います。

 

しかし、往往にして「マイナスやデメリットを受け取りたくないから」という理由がそこにある。

 

何かを手に入れようと思ったら、それを手に入れることによるマイナスの部分も受け入れる必要があります。

 

少なくとも僕はそうやって割り切ることで少しずつ人生を切り開いていきました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活

スポンサーリンク

僕の詳しいプロフィールはこちら
兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2017 All Rights Reserved.