不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
元不動産会社のサラリーマン。
現在、北海道で5棟74室+月極Pの大家として活躍中
2010年12月より法人化(8期目)
ブログではお金、不動産投資、人生哲学、映画や本のレビュー記事などを発信中。
最近、株式投資もスタート。
奥さんと中1小4男子と猫と自由にのんびり暮らしてまーす。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

これからは自分の力でお金を生み出せる人間になった方がいい

 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

「お金持ちになりたい」

「お金の心配をしなくてもいい状態になりたい」

「お金のことで苦労したくない」

etc・・・

 

お金に関してそんなことを言う人がたくさんいる。

 

でも僕はただ単にお金だけがあっても不安は解消されないと思っている。

それどころか、(日本円)だけがあるという状態ほど危険なことはないと思っている。

 

多くの人は老後の生活のことを心配している。

だから銀行口座にはその時のためのお金をたくさん残しておくのだと言う。

 

一見すると、この考え方は正しいように見える。

しかし、ここには落とし穴が潜んでいる。

 

お金の価値というのは常に変化しているのだ。

もっと具体的に言うと、日本円という通貨の価値というのは常に変動しつづけているのだ。

 

銀行口座に5,000万円があろうが、1億円あろうが、僕はそれだけではとてもほっとすることができない。

もしもハイパー・インフレにでもなったら、そのお金の価値は一瞬にしてなくなってしまう。

スポンサーリンク

日本人の貯金に対する安全神話

預金というのは金融商品のひとつなのだ。

いわば投資なのだ。

 

ある日、価値が一瞬にして10分の1になったり、100分の1になったりするようなものに投資して、なぜ安心できるのだろうか。

 

日本人のこの預金・貯金に対する安全神話はいったいどこから来たのだろう?

 

1億円の宝くじが当たったとしても、僕だったらその1億円を株や不動産といったハイパー・インフレになっても影響をさほど受けないものに変換するだろう。

間違っても、そのまま現金で(日本円で)保有しておくなんてマネはしない。

 

株も不動産もインフレに強い。

国債が暴落し、円という通貨の価値が下がったとしてもそういう資産を持っていれば大火傷を負わなくても済むだろう。

 

現金だけに頼ることがいちばん危ないのだ。

今はまだハイパー・インフレという大嵐に襲われていないから、みなさんもピンときていないかもしれない。

しかし、日本はいつハイパー・インフレに襲われてもおかしくないような状況なのだ。

 

それだけ日銀をはじめとする日本の金融機関は国債を買いまくってきた。

あれはすべて借金なのだ。

 

担保は「日本円は価値がある」という状態だ。

もしもその裏づけが取れなくなったら、国債は暴落する。

 

国債が暴落すると、日本円の価値が一気に失落する。

そうなると、ハイパー・インフレになる恐れがある。

 

困るのは現金に頼っていたような人たちだ。

労働者や年金生活者たちだ。

 

彼らはハイパー・インフレになったら間違いなく生活が苦しくなるだろう。

銀行に3,000万円預金があろうが、5,000万円預金があろうが、そんなことは関係ない・・・・

 

お金がいくらあっても解決できない問題というのもあるのである。

スポンサーリンク

 

自分の力でお金を生み出せれる人間になれ

大嵐に備えるためには、自分でお金を生み出す立場にならなければいけない。

要するに、『事業家』や『商売人』になるということだ。

 

サラリーマンや年金生活者は企業や政府が頼りだ。

自分でお金を生み出すことはできない。

 

そう考えてみると、親や学校の先生が子どもたちに教え込んでいる、

一生懸命勉強して、いい大学に行って、いい会社に入って、定年まで真面目に勤め上げて、老後に備えて貯金をしなさい

_____というアドバイスがどれほど危険なことかわかる。

 

日本では事業家や商売人はもっとも蔑まされている職業だ。

親も学校の先生も子どもたちに「将来は自分で会社を興せ!」とは口が裂けても言わない。

僕はここに最大の問題があると思っている。

 

日本人の多くは『ノアの箱舟』を用意していない。

ずっと、寄らば大樹の陰よろしく企業や政府に頼り切ってきたことのツケがまわってきたのだ。

 

お金の出所が企業だったり、政府だったりしている人たちはその辺りのことをよくよく考えなくてはならない。

そして、そのお金の出所を『自分』にしなければならない。

 

それがノアの箱舟になる。

その方法はいくらでもある。

 

ラーメン屋をやってもいいし、僕みたいに不動産オーナーになってもいい。

株に投資してもいいし、学習塾を経営してもいい。

 

ソフトバンクに勤めてる従業員になるのではなく、自分が孫正義になるのだ!

 

「お金が入ってくれば問題は解決されるだろう」と安易に考えている人は、その辺りのことをよくよく考えておく必要がある。

今のうちに・・・

 

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.