不動産投資で経済的自由を確立して北海道でセミリタイア生活を送る大家のブログ

サカモトハルキの『僕はこう思う』

サカモトハルキ(映画好き大家さん)。
北海道で5棟74部屋+月極などの大家さんやってる40代ブロガー。
会社経営者。
不動産会社勤務を経て、38歳で経済的自由を確立 。セミリタイア生活へ。
2011年より法人化(法人8期目)
ブログでは「お金」「不動産投資」「人間関係」「教育」などを中心に発信中。
映画と音楽が大好き!
家族と猫とのんびり自由に生きてる小学生男子2人のパパさんです。
国際NGO『プランジャパン』のチャイルドスポンサーもやってます。

詳しいプロフィールはこちら

兄弟ブログ『サカモト流カイシャク』の方もよろしく!

Twitterやってます。気軽にフォローしてください!

少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ

にほんブログ村 40代セミリタイア生活

オススメ映画『ワンダーウーマン』(2017)について

2018/11/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

『ワンダーウーマン』解説

DCコミックスの『ワンダーウーマン』の実写映画化。

DCエクステンデッド・ユニバース・シリーズの第4段作品。

ワンダーウーマンは映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で初登場したキャラクターで、今回の第1作目の舞台は第一次世界大戦中。

本作でメガホンを取ったパティ・ジェンキンスは、アメコミ映画初の女性監督となった。

映画『ワンダーウーマン』は世界各国で大ヒットを記録し、女性監督による映画史上歴代1位の興行収入となったことも話題になった。

『ワイルド・スピード』シリーズなどのガル・ガドットがワンダーウーマンを演じた.

 

スポンサーリンク

 

映画『ワンダーウーマン』あらすじ

人間の社会から遠く離れた場所で女性のみで生活を営む王国があった。

その一族のプリンセスであるダイアナ:ワンダーウーマン(ガル・ガドット)は、第一次世界大戦の戦闘中に浜辺に不時着したパイロット(クリス・パイン)と出会う。

彼を救出したことをきっかけにダイアナは人間社会で生活することとなる。

ダイアナはドクター・ポイズンという悪の組織が毒ガスを製造していることを突き止め、彼らを戦うことを決める・・・

 

スポンサーリンク

 

映画『ワンダーウーマン』キャスト

  • ダイアナ / ワンダーウーマン:ガル・ガドット
  • スティーブ・トレバー:クリス・パイン
  • アンティオペ:ロビン・ライト
  • エーリヒ・ルーデンドルフ:ダニー・ヒューストン
  • パトリック・モーガン卿:デヴィッド・シューリス
  • ヒッポリタ:コニー・ニールセン
  • イザベル・マル博士 / ドクター・ポイズン:エレナ・アナヤ
  • エッタ・キャンディ:ルーシー・デイヴィス
  • サミーア:サイード・タグマウイ
  • チャーリー:ユエン・ブレムナー
  • 酋長:ユージーン・ブレイブ・ロック
  • メナリッペ:リーサ・ローヴェン・コングスリ

 

スポンサーリンク

 

映画『ワンダーウーマン』スタッフ

  • 監督:パティ・ジェンキンス
  • 脚本:アラン・ハインバーグ
  • 原案:ザック・スナイダー、アラン・ハインバーグ、ジェイソン・フュークス
  • 原作:DCコミックス
  • 製作:チャールズ・ローヴェン、デボラ・スナイダー、ザック・スナイダー、リチャード・サックル
  • 製作総指揮:スティーヴン・ジョーンズ、ジェフ・ジョンズ、ジョン・バーグ、ウェスリー・カラー、レベッカ・スティール・ローヴェン
  • 音楽:ルパート・グレグソン=ウィリアムズ(英語版)
  • 撮影:マシュー・ジェンセン
  • 配給:ワーナー・ブラザース
  • 公開:2017年6月2日(アメリカ)、2017年8月25日(日本)
  • 上映時間:141分

 

スポンサーリンク

 

映画『ワンダーウーマン』を観た僕の感想(レビュー)

世界中で大ヒットを記録したDCアメコミヒーローの実写映画化。

 

冒頭のアマゾン族の女戦士たちの中から選ばれたのがプリンセス・ダイアナ。

そしてこのプリンセス・ダイアナを演じるのはガル・ギャドットという女性。

 

本当に「こんなに美しい人がこの世にいるのだろうか?」と思えるような美しさである!

あまりにも美しすぎるので「え、これ高度なCG?」って思ったぐらい・・・

 

設定が第一次世界大戦というのが面白い。

第二次世界大戦やその後の戦争についてはなんとなくイメージが湧くが、第一次世界大戦というのは何となく『よくわからない』という人も多いはずだ。

 

しかし、NHKでやっていた『映像の世紀』などを観ると、この第一次世界大戦こそがもっとも重要な戦争であったということがよくわかる。

今日の我々の世界の様相を決定づけたのはこの戦争だったのである。

 

それまでの戦争と第一世界大戦との最大の違いは、何と言ってもはじめて戦争に大殺戮兵器が導入されたことである。

具体的にはそれは『毒ガス』である。

 

この毒ガス兵器の登場により、戦争というのは正義や大義よりも「いかにして大量に人を殺すことができるか?」ということに重きを置かれてゆく。

映画『ワンダーウーマン』の舞台が第一次世界大戦だったことは、それだけに興味深いのだ。

 

ここから現代へと続く「殺戮の現代史」がはじまるのだから・・・

 

プリンセス・ダイアナたちアマゾン族が恐れおののく『戦いの神・アレス』とはいったい何なのだろうか?

それは言うまでもなく、「人間の心の中に潜む邪悪な悪」である。

 

その邪悪さが毒ガスという血も涙もない大量殺戮兵器をつくりだしたのである。

あるいは「オレさえ良ければ、他のやつはどうなっても構わない」という人間のもっとも醜い部分の象徴でもある。

 

何としてもそれを阻止しなければいけない!

 

この映画は単なるコミック原作の単純なエンタメ作品などではない。

もっともっと深いテーマを扱っている。

それをお説教がましくなく、随所にさりげなく散りばめているのである。

 

それにしても、とにかくガル・ギャドット演じるプリンセス・ダイアナの美しさと強さはスゴイ!

はっきり言って、めちゃくちゃカッコいい!

 

特に後半のたった一人で大軍に闘いを挑みにいくところは見ものだ。

ど迫力のアクション・シーンと大音量の音楽の相乗効果により、いやが応にも盛り上がってゆく!

 

スポンサーリンク

 

映画『ワンダーウーマン』関連商品

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

*今回の記事が少しでもみなさんのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 40代セミリタイア生活
僕の詳しいプロフィールはこちら
→ Twitterやってます。気軽フォローしてね! 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれてます!

この記事を書いている人 - WRITER -
サカモトハルキ
北海道で5棟74室+月極Pの大家さんやってます。会社経営者。不動産会社勤務を経て38歳で経済的自由を確立。セミリタイア生活へ。2010年12月より法人化(8期目)。ブログでは「お金」「不動産投資」「人生哲学」をテーマに発信中。映画大好き!奥さん&中1小4男子(あと猫も)とのんびり自由に暮らしてまーす。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




 
 

スポンサーリンク




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サカモトハルキの『僕はこう思う』 , 2018 All Rights Reserved.