頑張らなくても大丈夫。あなたはそのままで価値がある

2019年10月29日

僕たち子どもの頃からまわりの大人たちに「頑張れ」「頑張れ」と言われて育つ。

頑張れば何とかなるよ、頑張れば到達できるよ、頑張れば夢が叶うよ、etc、、、、

そうやってあまりにも「頑張れ」「頑張れ」と言われるものだから、いつの間にか頑張らないといけないものなんだと思うようになってしまった。

 

すると当然、

頑張られない自分はダメな人間なんだ

頑張らない自分は価値がないんだ

頑張ってない人はダメな人なんだ

って思うようになる。これが危ないんだよね、、、、

 

「頑張る」ということに対して過剰になりすぎるな

でも、それって本当に正しいのだろうか?

頑張ってない人ってそんなに良くない人なのだろうか?

頑張ってない自分ってそんなにダメなんだろうか?

 

僕の目には今、多くの人がこの『がんばり病』にかかってるように見える。

いや、もちろん僕だって頑張ったり、努力したりすることを否定するつもりはない。

本田圭佑やイチローのように努力を重ねて栄光を手に入れるドラマには感動する。

でも、「頑張る」ということに関してあまりにも過剰になりすぎるのは大変危険なことだ。

 

どうしてもっとありのままの自分を愛してあげられないのだろうか?

なぜ頑張れてない自分も好きになれないのだろうか?

 

頑張ってる自分、頑張ってない自分、努力している自分、努力してない自分、、、、実はこれ、どちらも『自分』なのだ。

頑張ってる自分・努力してる自分「だけ」が好き!というのは、やっぱりおかしい。

頑張ってない自分・努力してない自分「も」大好き!というのではダメだろうか?

 

自分も他人も認めてあげよう

ちょっと極端な話をする。

日本でも海外でも凶悪犯罪をおかすような人は必ず何らかの問題のある家庭環境で育っている。

貧困、まわりの環境、親の愛情不足、あるいは歪んだ愛情、そして虐待、etc、、、、誤解を恐れずに言えば、犯罪者の多くはそういう「かわいそうな子」だったりする。

 

そういうバックボーンで育てば、当然自分を粗末に扱うようになる。

自暴自棄になる。

「自分には価値がない」と考えるようになる。

「頑張れてない自分はダメな人間だ」と思うようになる。

すると、もうどうなってもいい!と考えるようになる。

 

オレには価値がないんだ

だから、めちゃくちゃな人生になっても構わないんだ

刑務所に入ったって構わないんだ

人から後ろ指さされたって平気なんだ

だって、どうせダメな人間なんだから

どうせ何やったって、うまくいかないんだから

自分には何の価値もないんだから

 

これが『がんばり病』の恐ろしいところだ。

実に気の毒な話だ、、、、だから、僕はあえてあなたに言いたい!

 

そのままの自分で大丈夫なんだよ

ありのままのあなたでも十分に魅力的なんだよ

何も足さなくてもいい、無理して武装しなくてもいい、今のままでも十分、素敵だし、十分、すごい!

無理して何かを得ようとしなくてもいいんだよ。

 

あなたはもう十分頑張ってる。

十分すぎるほど頑張ってる。

そのままの自分でも十分に価値があるんだよ。

良かったね!

もうそろそろその「がんばり病」から自分を解放してあげなよ。

肩の力を抜いて、もう少しリラックスして生きてごらんよ。

あんまり自分に厳しくしないでさ・・・

 

自分に厳しくしてると、人にも厳しくなっちゃうよ。

そうするとみんなから嫌われて、避けられて、どんどん孤独になるだけだよ。

それは楽しくないよ。

ハッピーな人生でなくなるよ。

だから、自分を認めてあげて、他人も認めてあげようよ!

 

あなたの親もがんばり病にかかっていた

もう終わったんだよ。

闘いはもう終わったんだよ。

あなたは悪夢から目覚めたんだよ。

あなたはその病を克服したんだよ。

長かったね。辛かったね。

 

もう、大丈夫。

誰かを攻撃しなくてもいい。

自分を責めなくてもいい。

だって、あなたはそのままでいいんだから。

そのままのあなたで十分、ハッピーで満たされているんだから。

そうだよね?

 

ほとんどの「がんばり病」は親から受け継がれてきたものだ。

頑張ってテストで85点取ったのに、親はあなたに「なんで90点じゃないんだ!」って責めたんだよね?

今度90点取ったら取ったで、「なんで100点満点じゃないなんだ!」って責めたんだよね?

 

なんで親はあなたを責めたんだと思う?

なんで親はあんなに怒ってばかりいたんだと思う?

なぜ、あなたの親はあんなにあなたに「頑張れ」「頑張れ」って言い続けていたんだんと思う?

親も「がんばり病」にかかっていたんだよ。

親も「かわいそうな子」だったんだよ。

 

自分の親から「頑張れ」「頑張れ」って言われて育ったんだよ。

頑張らない奴は価値がない」って・・・

頑張らない人間はダメな人間なんだ」って・・・

もうそれ、あなたの代でやめにしな!

あなたの子どもにまであなたが味わった同じ苦しみを味合わせないで!

 

「自分には価値がある」と子供に教えてあげよう

子どもがテストで30点取ったら、めちゃくちゃ褒めてあげて!

10点でも褒めてあげな。

子どもがかけっこで最下位だったとしても、「よくゴールまで走れたね!」って、めっちゃくちゃ頭を撫でてあげて!

そしたら、あなたの子どもはきっとあなたが味わった苦しみを味わずに済む。

「そのままの自分でもいいんだ!」ってことに気づくことができる。

 

あなたと同じようにいつまでも悪夢にうなされる心配もない。

誰かと自分を比べて劣等感を抱くこともない。

自暴自棄になったり、自分を傷つけたりすることもない。

 

自分を大事にしている人は他人も大事にするものだ。

他人を大事にする人は必ず人から愛される。

人から愛されると、孤独から解放される。

それって、めちゃくちゃ幸せな人生だと思わない?

 

自分の子どもには幸せな人生を歩んでもらいたいもんね。

自分には価値があると子どもに教えてあげることっていちばん重要な「教育」なんじゃないだろうか?

 

 

▼ 生き方に関してこちらでも記事にしていますので、ぜひ見ていってくださ~い♪

 

 

▼ 生き方を変えたいと悩んでいる人へ

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれてます!