株主優待内容の変更や新設をカンタンにチェックする方法

2019年3月10日

株主優待投資をやってる人や、これからやってみたいと考えてる人は「優待内容の変更をカンタンにチェックする方法はないだろうか?」と考えてる人って多いと思う。

 

さらに、新たに株主優待をスタートさせた銘柄なんかも確認できたらサイコーだ!

でもたくさんある銘柄をいちいち全部チェックなんかできっこない・・・

 

そんなときに便利なツールがあるので、今回はそのことについて解説したいと思う。

 

スポンサーリンク

TDnetという便利ツールについて

優待内容が変更になったり、新たに優待を新設したりする場合、各企業は自身のホームページなどで発表すると思う。

だけど、そんなの1つ1つ見ていたら手間がかかりすぎる。

そんな時、便利なのがこちら!

 

  • TDnet便宜開示情報閲覧サービス

https://www.jpx.co.jp/listing/disclosure/

 

なんだか、むずかしそうな言葉のウェブサービスだけど、内容はいたってカンタン。

優待内容の変更や新設の情報をその都度、更新してくれているありがたいサイトなのだ!

 

「日本取引所グループ」というきちんとした機関がやってるサービスで、ここに所属している企業の最新情報が閲覧できちゃうという便利ツール。

このサービスのすごくいいところは、スクリーニング機能が充実しているところ!

優待内容の変更や新設の情報なんかも、ここでスクリーニングをかければパッと出てきちゃう。

 

注意点としては、随時更新されてゆくために過去1ヶ月前の情報から開示されていないところ。

でも、こっちが欲しいのは「最近情報」だから、そこはあまり気にならないかも・・・

 

もうひとつ、

 

  • 日経電子版

というところでも同じような情報は閲覧可能だ。

だけど、こちらの方は日経電子版のアカウント登録が必要なので、めんどくさい人はTDnet便宜開示情報閲覧サービスの方がいいかもしれない。

 

関連記事

TDnet便宜開示閲覧サービスのスクリーング方法

 

① TDnet(https://www.jpx.co.jp/listing/disclosure/)へ行く

 

 

② 「適時開示情報検索」ボタンをクリックする

 

 

③ 検索期間を指定し、キーワード検索「優待」と入力する

 

 

④ 各銘柄の書類を確認・閲覧する

 

 

僕も利用してるよ♪ 口座開設するなら人気No.1のSBI証券がオススメ!

 

  • 手数料が安い
  • 日中の取引時間が終了した後の夜間でも取引ができる
  • 住信SBIネット銀行との連携ができて便利
  • スマホのアプリが充実している
  • NISA、つみたてNISA、iDeCoを簡単に申し込める
  • 人気の米国株の取引がカンタンにできる
  • S株が利用できて超少額から株式投資ができる
  •  IPOが多い
  • 国内ETF・海外ETFがカンタンに取引できる
  • 外貨建てMMFがカンタンにできる

 

>>>SBI証券を詳しくチェック

 

>>>こちらでより詳しく解説しています

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

↓ランキングに参加しています! よろしければ応援クリックお願いします🤗

にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村

金融・投資ランキング